関節・筋膜リリース治療の「TAM」

TAM手技療法は、関節や筋膜、皮下組織などの貼りつきをとり、動きを回復する技術です。

関節・筋膜の不調は、コラーゲンの「貼りつき」

 美肌のもととして有名な、コラーゲン。肌だけでなく靭帯や腱、骨など私達の体に欠かせない成分です。そのコラーゲンが痛みの原因になっていると聞いたら、驚かれるでしょうか?

 実はコラーゲンなどの繊維タンパク質には、接着剤の働きがあり、筋膜などをくっつけてしまうことがあるのです(架橋結合)。

 最近の研究で、筋膜に生じた「貼り付き」が緊張や痛みの原因になることがわかってきました。そこで生まれたのが、TAM手技療法です。

関節可動域を広げ、筋膜の滑りを改善します

関節リリース説明

 貼り付いたセロハンテープを剥がす時、水平に引っ張っても剥がれません。しかし方向を少し変えながら引けば、簡単に剥がれてきますね。

 同じように、関節組織の貼り付きを治すにも、適切な方向・操作があります。
 TAMは「Tension And Motion」の略。牽引・ねじり・ずらしなどで癒着部にテンション(緊張)を与え、引っ張る方向を変えて動かすことで、癒着を解消し、痛みを消す治療です。

・TAMによる筋膜リリースの特徴
 一般的な筋膜リリースは、筋肉を伸ばしたり、皮膚の表面から圧迫しながらズラして癒着を解消します。
 TAM手技療法では、筋肉の構造に注目します。並んでいる筋肉でも、始まりと終わりはそれぞれ異なるので、適切な方向へ動かすことで、分離させることができるのです。痛みが少なく、深くまで作用するのが特徴です。 

・TAMによる関節リリースの特徴
 関節を包む関節包・靭帯も、筋膜と同じように癒着します。そこで、その関節にわずかなズレを与え、動かすことで靭帯の癒着を解きます。関節の癒着をリリースする治療院は少ないので、その効果に驚かれる方は多いです。

AKAの研究から生まれた、TAM

 私が最初に学んでいたのは、AKA(関節運動学的アプローチ)という技術です。仙腸関節の動きを改善する治療として、近年は有名ですね。
 AKAでの治療はそれなりに効果的で、多くの方の痛みを減らすことができました。しかしさらに向上しようとした時に、壁にぶつかりました。

 その当時のAKAには、AKAがなぜ効くのかという理論がありませんでした。技術を向上させるために不可欠な、治療原理の分析や研究の手がかりがなかったのです。

 なければ、自分で探すしかありません。
 AKAの技術は、関節の正常な動きを再現する操作を行います。この運動が作用する組織は何か、どのように改善が起こるのか…。解剖図鑑や骨格標本と首っ引きで研究するうち、行き着いたのが、組織の癒着(貼り付き)です。
 AKAは、関節をわずかにずらす操作で、組織の癒着を剥がしているのではないか…。

 その仮説にしたがって操作すると、パシッという音を立てながら、動きが広がりました。癒着をとることで、関節が治るとわかった瞬間です。

 癒着が原因なら、関節の癒着をとる操作をすれば、有効な治療になるはず。治療原理が明確になることで、手技はAKAから離れ、多彩な動きが生まれてきました。さらに筋膜への治療を取り入れて、出来上がった技術をまとめたのが、TAM手技療法です。

付記…現在のAKA(博田法)は、神経への作用を中心に理論を組み立てているようです。

特徴は、即効性!

 TAMの治療は、癒着が解消された時点で効果を発揮します。つまり、治療した直後から効果が期待できるということ。

 ほとんどの患者さんが、初回の治療で改善が実感できるとおっしゃいます。この即効性があればこそ「効かなければ無料」がお約束できるのです。 

 なお、TAM手技療法の原理や、癒着の治療についてもっと知りたい方は、このブログの「治療の話」か、古いブログの「治療技術論」を御覧ください。

 

八起堂治療院

 電話 080-3112-8738

 メール hakkidou.tam@gmail.com

返信メールが迷惑メールフィルタにかかって、ご連絡できないケースがあります。

一日待っても返信が届かない場合には、改めて電話でのご連絡をお願い致します。 

八起堂治療院連絡先

奈良市西大寺新池町3-10

電話 080-3112-8738

hakkidou.tam@gmail.com

こちらからの返信メールが、
迷惑メールフィルタに引っかかってしまうケースがあります。(特に、ケータイのメール)

一日待っても返信がない場合は、改めて電話でご連絡下さいますよう、お願い致します。

お知らせ

休業の連絡などは、ここで行います。

サイト内検索

ブログ最新記事

2017年

5月

29日

仏様は、前のめり…姿勢と重心の関係

 今、奈良の国立博物館で「快慶展」をやっています。

 奈良には国宝・重文級の仏像がゴロゴロしていますが、その中で一番好きなのを選べと言われたら、迷わず東大寺南大門の金剛力士像を選びます。この像を作った中心人物の1人が快慶です。 

 快慶の特徴は、写実とデフォルメの融合した迫力。

 今回の快慶展では、様々なバリエーションの像を比べることが出来て、興味深いものでした。

 ある高僧をモデルにした像など、顔のシワから口元の微妙な歪みまで、モデルの性格がはっきりわかるほどの描写力。いかに観察力に優れた仏師だったかがわかりました。 

 いくつもの像を見ているときに、妻が言いました。
「仏様って、前のめりだね」
 なるほど、横から見ると直立していません。角度にして10度くらい、前に傾いて立っています。

 

続きを読む

2017年

4月

11日

ねんざの痛みが長引く原因は

  八起堂治療院は、ねんざ後遺症の治療を得意としていますので、捻挫についての問い合わせをたびたび頂きます。

 

  その中でも多いのが、

 「ねんざのあと、何ヶ月たっても腫れが引かなくて、気がついたら関節の動きが悪くなっていたんです…」

  という、長引いたねんざの後遺症です。

 

続きを読む

2017年

3月

23日

原因不明の膝の痛み…足の歪みかも

 膝が痛むという方は、少なくありません。

 こんなとき、病院ではまず、膝軟骨の状態を見ます。軟骨がすり減っていれば、変形性膝関節症という診断がつきます。

 ところが、軟骨に変形がないのに痛みが出ることもあり、原因がわからないこともあります。そんなときは、膝や足の歪みが原因かもしれません。

 

続きを読む 0 コメント