2015年

10月

12日

萌えキャラと草食化

 少し前、精神科医の香山リカ氏がかわいい絵柄の女の子のキャラクター、いわゆる「萌えキャラ」が、性犯罪につながるのではないかと発言して、問題になっていました。この手の意見は、一定期間ごとに繰り返し出てきますね。もっとも、とくに根拠はないようですが。

 私自身は萌えキャラについて、逆の感覚を持っています。むしろ、青少年の草食化を表しているのではないかと思うのです。

■物語の形が変わった

 マンガにせよ、小説にせよ、男性向けの物語であれば、魅力的な女性が描かれるのが普通です。以前は、それに合わせて男性がでてくるのが普通でした。男性読者は、そのキャラクターの行動に感情移入して、登場人物たちの関わりを楽しんだものです。

 ところが最近、そうした形式に当てはまらない物語が増えてきました。明らかに男性を対象にした作品なのに、かわいい女の子たちが出てくるだけで、男性が全く出てこないものがあります。

 実は、女性にも同じ流れがあります(むしろ、こちらのほうが先かもしれません)。いわゆるBL(ボーイズラブ)ものです。

 BLで描かれるのは男性同士の恋愛。女性を対象とする作品でありながら、女性はほとんど出てきません。

■「私」はどこにいるのか? 

 ファンの人たちは作品への愛を熱く語っているのですが、その世界には「私」を託す登場人物がいません。「私」抜きで、作品の外から見ることに特化した愛情。

 これをどう考えるかは難しい問題です。単に視聴者が成熟して、工芸品のような「作品」として、物語を眺めるようになったせいかもしれませんから。

 しかしそれが、感情移入を避け、恋愛や人生との関わりを薄くする態度の現れだとしたら、草食化の流れはまだ止まらないのかも…。

 考えすぎでしょうか?

八起堂治療院連絡先

奈良市西大寺新池町3-10

電話 080-3112-8738

hakkidou.tam@gmail.com

お知らせ

休業の連絡などは、ここで行います。

サイト内検索

ブログ最新記事

2017年

4月

11日

ねんざの痛みが長引く原因は

  八起堂治療院は、ねんざ後遺症の治療を得意としていますので、捻挫についての問い合わせをたびたび頂きます。

 

  その中でも多いのが、

 「ねんざのあと、何ヶ月たっても腫れが引かなくて、気がついたら関節の動きが悪くなっていたんです…」

  という、長引いたねんざの後遺症です。

 

続きを読む

2017年

3月

23日

原因不明の膝の痛み…足の歪みかも

 膝が痛むという方は、少なくありません。

 こんなとき、病院ではまず、膝軟骨の状態を見ます。軟骨がすり減っていれば、変形性膝関節症という診断がつきます。

 ところが、軟骨に変形がないのに痛みが出ることもあり、原因がわからないこともあります。そんなときは、膝や足の歪みが原因かもしれません。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

14日

ピアノを弾いて、親指が痛むとき

 仕事柄、音楽関係の方を診ることも多いです。

 楽器の設計では、美しい音を出すことが最優先で、演奏する人間のことは二の次。それで、故障を抱える人が少なくありません。

 

続きを読む