曲がりにくい指の治療について

 先日から「指が曲げ伸ばしできない」という方の治療を続けて行う機会がありました。
 この症状にも、いくつかのパターンがあります。

・指の皮膚・皮下組織が癒着している場合。

・使いすぎなどによって、関節がズレている場合。

・リウマチや、骨折によって、関節が破壊されている場合。

 その他、ばね指など、腱の動きに障害があって、上手く動かない場合もあります。

 実際にはこうした症状が単一で存在することは少なく、複合的なアプローチで治療を行います。そうしたアプローチの中でもっとも有効なのは、皮膚の癒着解消。

 他のどの症状も、その過程では腫れを伴いますから、皮膚・皮下組織の癒着が発生します。癒着は抵抗となり、骨格が細く、力も弱いだけに、影響は大きく出ます。


 ということで、指が曲がりにくい場合には、まず指全体の皮膚・皮下組織の癒着を解消すること。それをきちんとするだけで、すぐに可動範囲は広がります。ついで関節のズレを修正、腱の動きを調整してゆくことで、かなりの指は曲がるようになります。

 関節の破壊が進んでいる場合には難しくなりますが、関節包や靭帯に余裕をもたせることで、多少は動きが戻ることもあります。

八起堂治療院連絡先

奈良市西大寺新池町3-10

電話 080-3112-8738

hakkidou.tam@gmail.com

お知らせ

休業の連絡などは、ここで行います。

サイト内検索

ブログ最新記事

2017年

4月

11日

ねんざの痛みが長引く原因は

  八起堂治療院は、ねんざ後遺症の治療を得意としていますので、捻挫についての問い合わせをたびたび頂きます。

 

  その中でも多いのが、

 「ねんざのあと、何ヶ月たっても腫れが引かなくて、気がついたら関節の動きが悪くなっていたんです…」

  という、長引いたねんざの後遺症です。

 

続きを読む

2017年

3月

23日

原因不明の膝の痛み…足の歪みかも

 膝が痛むという方は、少なくありません。

 こんなとき、病院ではまず、膝軟骨の状態を見ます。軟骨がすり減っていれば、変形性膝関節症という診断がつきます。

 ところが、軟骨に変形がないのに痛みが出ることもあり、原因がわからないこともあります。そんなときは、膝や足の歪みが原因かもしれません。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

14日

ピアノを弾いて、親指が痛むとき

 仕事柄、音楽関係の方を診ることも多いです。

 楽器の設計では、美しい音を出すことが最優先で、演奏する人間のことは二の次。それで、故障を抱える人が少なくありません。

 

続きを読む