アスリートの脳は、どうやって身体をコントロールする?

 前回は、脳の負担を減らすと反応が良くなるという話でした。

 一般的に、高度な動きほど脳の負担は大きくなります。したがって、ハイレベルな運動テクニックと、反応速度は、両立しないはず。
 しかし、一流のアスリートはそれを両立させています。なぜでしょうか?

・複雑な動きは、脳の負担が大きい
 私が古武術を習ってしばらくしたころのこと。
 精密で柔らかい動きを作るために、肘、肩、肩甲骨を同時に動かしたいのですが…。
 肘を動かせば肩が止まる。肘、肩を同時に動かしてみると、今度は肩甲骨が動かない、という感じで、複数の関節を動かせなくて、苦労しました。

 脳が身体を動かすときには「どの部分を、どこに向かって、どんな早さで、どれだけ動かすか」を計算します。動く部分が増えると、計算量が飛躍的に増えるため(指数関数的)、いくつもの筋肉・関節を同時に操作するのは難しいのです。

 稽古の後は身体よりも頭が疲れて、ぐったりしたものです。
 ところが稽古するうちに、そんな動作もできるようになってくるんですね。

・繰り返しによる「パターン化」
 高度な運動をしたい。しかし脳の負担は大きい。
 この矛盾する条件を解消するために、脳は「動作の簡略化・パターン化」を行います。

 わかりやすいように、食事で使う箸を例にします。
 箸を使うとき、五指をバラバラに動かすことはありませんね。上の箸を使う人差し指と中指は、ほぼ同時に動いていますし、下の箸を支える親指、薬指に力がかかる方向もタイミングも、人差し指・中指に連動しています。
 つまり、動きの組み合わせの中でも、実際に使うパターンは限られたもの。そのパターンを作れば、バラバラに考えるよりも、脳は楽に処理できるわけです。

 アスリートの運動も同じで、繰り返される練習によって、連動のパターンや、使われる力加減のパターンを学習します。脳は、細かいコントロールをするのではなく、必要なときに必要なパターンを引き出すだけなので、短時間で反応できるわけです。

・「慣れ」と「上達」を分けるのは何か?
 では、練習量を増やせば誰でもトップアスリートのパフォーマンスが…ということにはなりません。やっぱり。

 樹木希林さんの昔のCMではありませんが、
「運動のできる方はよりできるように、そうでない方は、それなりに」
 になりがち。

 上手な人は、単なる「慣れ」を超えて、プレーに有利な合理的・効率的なものを身につけてゆきます。
 「慣れ」と「上達」を分けるものは何か? どうしたら、もっと上達しやすくなるのか?

 以下、次回。

お知らせ

義足のプロダンサー、大前光市さんのブログで紹介していただきました。

リンク⇒こちら

院長 池浦誠

1969年生まれ。
2003年に鍼灸師・マッサージ師の国家資格取得。
2005年に開業。同年関節リリース技法、TAM手技療法を発表。
2017年に技術指導DVD、「関節リリース5テクニック」を上梓、指導にあたっている。

八起堂連絡先

奈良市西大寺新池町3-10
電話 080-3112-8738
hakkidou.tam@gmail.com

こちらからの返信メールが、
迷惑メールフィルタに引っかかってしまうケースがあります。(特に、ケータイのメール)

一日待っても返信がない場合は、改めて電話でご連絡下さいますよう、お願い致します。

ブログ最新記事

2018年

10月

16日

マンガで身体をねじって抜刀する理由

マンガで見られる、身体をねじった抜刀の構えは、意図的なデフォルメで、実際には、まず使われません。

 抜き付けが遅くなるだけでなく、刀のコントロールがしにくくなるからです。

・モーメントが邪魔をする
 この抜き方では、刀を左側に大きく抜いて前方へ回す、大きな円のコースを描きますね。
 以前も書いたモーメントの問題で、円の半径が大きくなるほど、必要なモーメントは大きくなる…つまり加速が遅くなります。移動距離も長くなるので、相手への到達が遅れます。これは実戦では大きなデメリット。

 また、こうして加速された刀には大きなエネルギー(勢いと思ってください)があるので、相手に当たれば大きなダメージを与えることができます。しかし、狙いを外したときには一転、ピンチに。

 物体には慣性の法則(動いているものは動き続けようとする)が働くので、大きなエネルギーを持った刀は止めるのも、方向を変化させるのも難しくなるからです。

 そこで、実際の居合では、早く、コントロールしやすい方法で抜きます。その詳しい話は次回に回すとして…。

・ねじりの構図は、力強い
 では、なぜマンガの中でこうした構図が使われるのか。それは、力強い絵になるからです。
 人体表現は面白いもので、体幹部にねじりが入ると、急にイキイキとしてきます。ミケランジェロの多くの彫刻に、ねじりの構図が使われているのは有名ですし、ロダンの「考える人」なんて、無理に体幹をねじっています(右ひじが、左の膝にのってるんですよ!)。

 静止画で表現しなくてはならないマンガでは、こうした工夫が重ねられて、現在に至っているんだなあ、と感心します。

2018年

10月

15日

義足のプロダンサー、大前光市さんのブログで紹介していただきました

 大前光市さん。

 リオパラリンピックの閉会式や、去年のNHK紅白歌合戦、平井堅さんとの共演で、ご存知の方も多いと思います。
 八起堂治療院に来てくださるようになったのは、去年秋頃から。

 自分の身体感覚に真摯な方なので、施術するこちらも、その熱意に引っ張られるように深く集中します。おかげで、何度も施術をしているうちに私の方がレベルを引き上げていただいたと感じています。

 NHKの番組などでは、厳しい表情が取り上げられることが多いのですが、素顔は楽しい、話好きな方です。とくに、身体の使い方の話などになると熱が入ってきて、治療中でも立ち上がって実演してくださったり。
 最近、私がブログで身体の使い方について書いているのも、お話に触発されて考えることが増えたからなのでした。

 これからも、勉強させていただきたいと思っています。

大前さんのブログは こちら

2018年

10月

14日

原因不明の腹痛は、腰痛を疑ってみる

 しつこく腹痛が続く時、ありますよね。
 もちろん、そんなときはまず病院へ行くべきです。ただ、内視鏡を飲んでも、エコーをかけても、どうしても原因がわからない時もあります。

 病院で、どこにも異常がないと言われて、それでも腹痛が続くときには一度、腰痛を疑ってみるといいです。  

・外の痛みが内にひびく
 鍼灸を科学的に説明する説に、「体壁・内臓反射」があります。平たく言うと、筋肉の緊張が自律神経を通して内臓の調子を狂わせる、というもの(内臓→筋肉の逆コースもあります)。
 腰から始まった痛みが、内臓にひびくわけです。

 人間の身体は、一番痛い場所を意識するようになっていて、二番目はあまり気にしません。そのため、腹に感じる痛みが腰の痛みより強いと、「腹だけが痛い」と感じがち。
 しかし、内臓そのものには原因がないので、内臓を調べても異常が見つかりません。「なんでだろう?」ということになるわけです。

 腰痛持ちが多いことでわかるように、腰は慢性的に緊張しやすい場所。
 普通に腰痛治療をする分には、副作用もなく、リスクもありませんので、原因不明の腹痛が続くなら、試してみて損はないと思います。