「足ぺら」の研究③ かかとを使う

 足ぺらになりにくい足の使い方について、自分でもいろいろ試しています。 
 とりあえず気づいたのは、かかとの使い方。

・つま先を上げないで、かかとを下げる

 足は、くるぶしのところを中心に動いているので、つま先を上げるのも、かかとを下げるのも、見た目の動作は同じです。
 ところが、かかとを下げる(伸ばす)ように意識したほうが、足は軽く動くのです。

 確認したところ、ふくらはぎの筋肉の緊張が少ないようです。
 かかとを下げるという動作が、ふくらはぎの筋肉を伸ばす方向になるので、緊張がゆるむのだと思われます。

 前側の筋肉が働いているのは同じですが、ふくらはぎの筋肉が緩む分、前側の筋肉や伸筋支帯の負担を減らせるでしょう。