奈良市で、腰痛の治療院をお探しですか?

 八起堂治療院の腰痛治療は、

・骨盤(仙腸関節)、脊椎の調整で腰を柔らかくする
・トリガーポイント治療で筋肉をゆるめる
・足などのバランス調整で姿勢を整える

 という3つの治療を合わせた、総合治療です。

ほとんどの腰痛は「筋肉の緊張・痙攣」です

腰痛イラスト(奈良市・八起堂治療院)

腰が痛いと「骨折?」「椎間板ヘルニアでは?」と不安になることがありますね。
しかし腰痛の90%以上には、そうした原因はないそうです。

実は、ほとんどの腰痛は、筋肉の緊張が強すぎて痛んでいるもの。

慢性腰痛は、緊張で血行が悪くなり、痛みが出ているもの。急性腰痛(ギックリ腰)は緊張しきった筋肉が、ケイレンを起こしたものです。

 つまり、緊張を緩めるだけで、ほとんどの腰痛は治るのです。

 八起堂では、筋膜・関節リリースとトリガーポイント治療で、緊張した筋肉をゆるめ、痛みを軽減します。

仙腸関節(骨盤)の歪みを治療する

仙腸関節イラスト(奈良市・八起堂治療院)

 骨盤の継ぎ目にある重要な関節です。最近は、テレビなどでも扱われるようになりました。

 衝撃を吸収したり、身体の曲げ伸ばしを助ける関節ですが、周辺の緊張などで引っかかって動かなくなると、腰痛を始めとする全身の不調の原因になります。

 動かなくなった仙腸関節には手技による調整を行います。身体の奥深くにある関節の、わずか数ミリの動きを感知しながら操作するには、精密な技術と経験が必要です。八起堂治療院は、仙腸関節の調整に十数年の経験があります。

 さらに、仙腸関節に悪影響を及ぼす、足の歪みを取ることで姿勢を改善。効果を確実なものにします。

 

骨盤のイラストは、フリーメディカルイラスト図鑑から

背骨からゆるめ、筋肉の緊張を解く

 腰痛を起こしている方では、腰椎(背骨)が筋肉の癒着や緊張で固まって、自由に動かなくなっています。

 そこで、脊柱を支える筋肉、身体の壁を作る筋肉、腸腰筋などのインナーマッスルと、そうした筋肉を支える骨格の癒着を緩め、自由に動くようにすれば、痛みが解消します。

 筋肉の調整、腰椎の調整、骨盤の調整。こうした複合的な治療により、八起堂の腰痛治療は即効性です。ほとんどの方が「一回目の治療で大幅に痛みが減った」とおっしゃって下さいます。

 

 トップページに戻る

患者さんの声

腰痛で、起き抜けに腰が痛んでいた患者さん

・8時間寝ましたが、腰も痛くなく(今までは目が疲れてもう少し寝たくても腰が痛くなりその延長で頭が痛くなるので中々目の疲れが取れませんでした)。
今朝は、目の疲れもすっきり。多分昨日肩周りをしっかりほぐしてくださったからだとおもいます。本当に身体が軽くて家の掃除がはかどっています。
歩いていても仙腸関節が動いていることがわかります。ありがとうございます。

・八起堂コメント
 片方の仙腸関節が引っかかって動いていない状態で、腰に負担がかかっていました。TAMで調整すると、楽になったそうです。

 

腰の治療 関連記事

ブログから、腰の治療に関する記事を抜粋しました。

2017年

1月

31日

ウォーキングが腰痛予防になる理由

 前回、毎日歩いている人が腰痛になりにくいのは筋肉を緊張させないからだ、と書きました。

 実は、歩くことが腰痛の予防になる理由がもう一つあります。

 

続きを読む

2017年

1月

25日

腰痛は文明病

 腰痛は、人間に特有の症状。

 そのため
「腰痛は、二足歩行で腰に負担がかかるようになったからだ」
 と言われることがあります。

 本当にそうでしょうか? 

続きを読む

2017年

1月

13日

車の運転と腰痛

 いきなり余談ですが…

 最近問題になっている、アクセルとブレーキの踏み間違い。あれは、そもそもの設計がおかしいんじゃないでしょうか。

 見えない場所に、アクセルとブレーキを並べて設置し、どちらも右足で操作するって…。踏み間違えが起きても不思議はありません。

 個人的には、アクセルとブレーキをハンドルに付ければいいのに、と思っています。スクーターと同じ形式ですね。運転に慣れやすく、アクセルとブレーキを間違う可能性もゼロ!

 そんなことをするよりも、自動ブレーキの取り付けを義務付けるほうが早いか…。

 

■運転で腰痛になる理由

 足でアクセルとブレーキを操作するシステムには、もう一つデメリットがあります。それは、腰痛。

 八起堂にいらっしゃる方の中でも、長時間の車の運転で腰痛になった、とおっしゃる方は多いのです。大きな原因の一つは、シート。あのシートの角度が、腰を丸くした形にしてしまうので、腰に負担をかけます。

 そして、もう一つの原因は、足元のペダルです。

 普通の椅子なら、座っているときにも足は床につき、身体を支える補助をしてくれます。しかし運転時は、足でアクセルやブレーキのペダルを操作するため、身体を支えることができません。とくにアクセルは、運転中ずっと微妙な位置に保たなければなりません。この中途半端な状態が腰の筋肉に負担をかけ、腰痛を引き起こすのです。

 

■腰痛を防ぐには?

 この問題は、設計者側の話なので、一般ユーザーにはいかんともしがたいところがあります。

 強いて対策をあげるとすれば、シートの前後の位置を調整すること。

 シートが前に出すぎると、足に余分な力が入りやすく、疲れます。かかとが楽に接地しつつ、ペダルが自然に操作できる位置に調整することで、いくらか負担を減らすことができます。

 あとは、休憩をとって、腰を動かすようにすることくらいでしょうか。前後左右に曲げたり、ねじったり。積極的に動かすことで、緊張を解くことができれば、いくらか腰痛が起こりにくくなります。

 

 ただ、根本的な対策は、やはりアクセルをハンドルに持ってくることだと思います。自動車メーカーの方、ホントにどうですか?

2017年

1月

11日

脊柱管狭窄症 手術後の痛み

 先日、TAM手技療法の受講者の方から、質問がありました。

  脊柱菅狭窄症で手術を受けた方、とくに脊椎固定のプレートが入っている方の、痛みやしびれは、どのように治療するか、とのことでした。

 

■脊柱管狭窄症 手術後も痛むのはなぜ?

  脊椎管狭窄症とは、文字通り、神経が通っている脊柱の管が狭くなる症状です。神経が圧迫されて、痛みやしびれなどが生じます。

 

 手術は、脊椎の骨を切って管を拡げたり、プレートと言われる金属を入れて、脊椎の並びを整えたりするのが主流。それによって神経の圧迫をとるのですが、手術後も痛みが残ってしまう方が少なくないのです。

  手術で神経の圧迫は取れているのに、どうして痛みが出るのでしょうか。

 

■筋肉から出てくる痛み

 実は、身体の痛みには、筋肉が大きく関わっています。

  筋肉は、緊張が長く続くと疲労し、血行不良を起こして痛みはじめます。緊張の原因は、身体の歪みや炎症、一つの姿勢で長くいることなど様々。

 中でも代表的なのが、関節や皮膚などの動きが悪い場合です。筋肉は、動かない部分を動かそうと、無理な緊張をして、痛むようになってしまうのです。

 

 脊柱菅狭窄症の手術後、とくにプレートが入っている場合には、腰椎の一部が動かなくなっているため、筋肉は無理な緊張を強いられます。

 少なくとも痛みの何割かは、こうして緊張し固くなった筋肉によるものだと考えられます。

 

■痛みを減らすには?

  この場合、プレートを取ることはできませんので、脊椎の固定にアプローチすることはできません。しかし、筋肉および皮膚・皮下組織の癒着をとり、可動域を回復することはできます。 

 重なっている筋肉層、皮下組織を動かして癒着をとり、動きを回復することで、痛みの減少が期待できます。とくに手術のあとなら傷跡の癒着、短縮があるので、その部分の施術は有効でしょう。

 一見、原因不明の痛みでも、対策のある場合は多いもの。お気軽にご相談くだされば、幸いです。

2016年

11月

15日

11月14日「名医のTHE太鼓判 国民の常識が変わるスペシャル」

 仕事がら、健康番組は一応チェックしています(早回しですけど)。ただチェックするだけではもったいないので、気がついたことなど書いていこうと思います。

 さて、表題の番組ですが、いろいろな健康知識を出して、出席した医師たちに評価してもらう、という番組でした。

 何人もの医師が出るので、全体としてバランスのいい番組でした。常識が変わるスペシャルという題名でしたが、むしろきちんとした常識を踏まえた番組だったと言えるでしょう。

 個人的には「体温が高いほうが健康によいという明確なデータはない」という話が印象的でした。体温が高いほうが、免疫力が高くなりそうな気がしていたのですが。

 少食にすると(つまり、エネルギー消費が少ないと)長生き、という話と共通するのでしょうか?

 

■オリンピック選手も実践 腰痛ストレッチ

 腰痛については、番組の最後にちょっと触れただけでした。

 新聞の番組欄ではストレッチでしたが、腹筋を鍛える方法が中心。
 膝を曲げた状態から腹筋をするという普通の方法で「腹筋によってコルセットを作る」というのがその論旨でした。

 

 昔は、この「筋肉でコルセット」は腰の椎間板を保護すると考えられていました。

 実際には、ほとんどの腰痛は、椎間板に原因がないことがわかっているので、腹筋コルセットは、姿勢の崩れを防いで腰の筋肉の負担を減らすと考えるほうが良さそうです。

 

 ただし、以前も書いたように、腰痛のほとんどは緊張が抜けないことによる痛み。患者さんを治療するときも、まずは腰の緊張を緩めると、かなりの方で痛みが軽減します(もちろん骨盤…仙腸関節の調整もします)。

 鍛えるだけではなく、一度力を入れたら意識的に脱力して、緩ませることも必要です。

2016年

11月

06日

骨粗鬆症対策に! 骨折を防ぐビタミン

 先日、郵便局に行ったら、中で骨密度の測定サービスを行っていて、驚きました。

  「歳をとっての骨折は、寝たきりに直結する!」ということで、骨密度の測定サービスが盛んになっているようです。

 

 測定するのは、骨の中のカルシウムの量。カルシウムが多いほど、骨が強くなり、折れにくくなるというのがその理由です。

 でも、骨を強くする方法は、カルシウムだけではありません。
 骨を強く、しなやかにする簡単な方法をご存知でしょうか?

 

■骨をしなやかにするのは、コラーゲン

 骨というと、カルシウムでできていると考えがちです。しかし、骨の成分でカルシウム(リン酸カルシウム)の割合は、60%程度。残りのほとんどは、水とコラーゲンです。

 コラーゲンは、水分を含み、弾力ある組織を作る性質があります。美肌成分として有名ですね。それが骨でも役立っています。

 

 カルシウムは固いのですが、柔軟性がありません。それを補っているのが、水分とコラーゲン。曲がりやねじれに耐え、衝撃を吸収して、骨折から守ってくれるのです。

 年齢を重ねると、骨のカルシウムが減るだけでなく、コラーゲンが弱ってくることがあります。そんなときに強い力を受けると、骨は衝撃を受けとめ切れず、ポッキリと折れてしまいます。

 骨折を防ぐためには骨のコラーゲン繊維を正常に保つ必要があるのです。

 

■ビタミンB群で骨の強化!

 では、骨のコラーゲンを強くするために何をすればいいのか。実は、その方法は簡単。ビタミンB6、B12、葉酸を摂取するだけです。

 

 これらのビタミンは、コラーゲン繊維を弱くするホモシステインなどの生成を防いで、弾力ある骨にしてくれます。

 外国で行われた実験では、これらのビタミンをつづけて摂取することで、骨折する率が8分の1になったそうです。

 

 しかもこのビタミンは、極めて安価な「ビタミンB群」のサプリメントでとる事ができます。どこの薬局でも二ヶ月分を400~500円程度で買えます。また、危険な副作用もありません。

 骨のために、カルシウムと一緒にいかがでしょうか?

2016年

11月

02日

NHK ガッテン11月2日 腰痛の最新対策

今日のNHK「ガッテン!」(以前の、ためしてガッテン)で、4つのストレッチで腰痛を改善する方法について話していました。

発案者は、腰痛の原因の一つを、就寝中の寝返りにあると考えました。長時間同じ姿勢でいることで、腰の筋肉が圧迫されて、炎症物質がつくられ、痛みがおこると考えたのです。

腰痛のない人では、寝ている間に何度も寝返りをうつので、腰の圧迫が続くことがなく、この原因による腰痛が起こりません。

腰痛の人では、体幹部と足の筋肉が固くなっており、寝返りができず、寝起きの腰痛を起こすというのです。

そこで、体幹部のねじりストレッチ、足の前面、後面と、膝裏のストレッチを行うと寝返りが増え、腰痛が減ったということでした。
改善率は、8割!

なぜ体幹部と足の筋肉が固くなるのか、という原因には対処していません(八起堂では、骨盤調整、足のバランス調整などします→腰痛治療)。

 その意味では根本対策とは言えませんが、痛みを軽減させる上では、極めて適切で、おすすめできるアプローチだと思います。
 理論も納得できますし、ストレッチも誰でもできる方法。全てのストレッチでなくても、ねじりのストレッチだけでも、ある程度の効果は期待できます。


なお、ストレッチの詳しい内容については、NHKのホームページで紹介されていますので、御覧ください。

 リンクこちら → ガッテンのホームページ 

2016年

10月

02日

坐骨神経痛なら、まず試すべきこと

 腰からお尻、足にかけて痛みが走る、坐骨神経痛。ひどくなると、歩くだけで足がしびれてしまったりします。

 痛みが長引くことも多いですが、逆に、簡単に治る場合もあるのを、ご存知でしょうか?

■坐骨神経痛って?

 腰椎(腰の骨)の間から出て、坐骨(骨盤の下部)を通って足に向かう神経だから、坐骨神経。

 この神経が、通り道のどこかで圧迫されて、きちんと信号が伝わらなくなったり、痛みを起こすのが、坐骨神経痛です。

 

 病院では椎間板ヘルニアか、脊柱菅狭窄症を疑うのが基本です。

 椎間板ヘルニアは、脊椎のクッションがはみ出して、神経を圧迫している状態。脊柱菅狭窄症は脊椎の中の、神経の通り道が狭くなって神経を圧迫している状態です。

  どちらも脊椎の問題なので、治療は手術が原則になります(椎間板ヘルニアは、時間が経つと自然に治ってくるので、経過観察することもあります)。

 

 「もう手術をするしかないのか…」と、悩む方も多いのですが、その前に簡単な治療を試してみませんか?

 それは、臀筋(お尻の筋肉)の治療です。

■臀筋が原因なら、簡単に改善!

 今までに、椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症と言われた坐骨神経痛の患者さんを何人も見ました。

 そんなとき、まず試してみるのがお尻の筋肉を緩める治療。鍼を打ち、仙腸関節を調整し、股関節を動かして、お尻の筋肉をゆるめます。

 すると、それだけで痛みが消える場合があるのです。痛みが減るだけのケースも入れれば7,8割の方で症状の改善が見られます。

 

 坐骨神経は臀筋(お尻の筋肉)の間を通るので、臀筋が緊張して固くなると神経を圧迫し、坐骨神経痛を起こすのです。
 ヘルニアや狭窄症が原因と思われていても、実際には臀筋が原因というケースが少なくありません。

 そんな場合、深い部分に鍼を打ったり、周辺の関節を調整して臀筋をゆるめるだけで、症状が改善するわけです。

■まずは、お近くの鍼灸院へ

 この治療は、鍼を使う治療院ならどこでもできます。ただし、東洋医学系の鍼灸師は、深い鍼を打たない方が多いので、トリガーポイント治療を標榜している治療院が良いでしょう。

 基本的には、数回の治療で効果の有無がわかりますし、危険もありません。
 まずは臀筋の治療を試してみて、それで効果が出ないときに、ヘルニアや狭窄症の治療を考えても遅くありません。坐骨神経痛と言われたら、まずお近くの鍼灸院で試して見られることをおすすめします。

2016年

8月

10日

歳を取るほど眠れなくなるわけ

昔から不思議に思っていたことがあります。それは
「年齢が上がるごとに、睡眠時間が短くてすむ」
 という説です。

 しかし実際は、歳をとるほど、疲れが取れにくいという方が多いです。疲れが取れないのなら、かえって睡眠時間は長くなければおかしいですよね。

 疲れているのに睡眠時間が短いのだとしたら、それは「眠れない」のではないでしょうか?

 

■歳をとるほど眠れない理由

 眠れなくなる理由の一つは緊張です。

 遠足や、受験の前の日。なかなか眠れなかった経験を持つ人は多いと思います。緊張しすぎると、脳の活動が下がらないために、なかなか睡眠に入れないのです。

 これは、精神的な緊張だけでなく、肉体的な緊張でも同じです。

 筋肉は、運動神経や感覚神経を通して、脳と情報を交換していますが、緊張が強くなるほど情報交換の量は増えます。つまり、身体が緊張するほど、脳は休めなくなるわけ。

 

 大人は、日常の生活で、身体のあちこちに習慣的な緊張を抱えています(肩コリや腰痛も、その一つ)。癒着もあり、子供ほど身体が柔らかくなくなってしまうので、子供のように眠れないわけです。

 逆に言えば、ゆるめれば、眠れるわけです。

 

■ゆるめれば、健康寿命が伸びる

 マッサージ中、肩コリなどがある程度ゆるんでくると、患者さんが眠ってしまうことが少なくありません。帰り際に、
「これで、帰ってぐっすり眠れる…」
とおっしゃる方も少なくありません。

 これは、身体の緊張と睡眠の関係を証明するものと言えるでしょう。

 

 ゆっくり眠れるようになると、疲れがとれ、身体が回復してきます。高血圧、心臓疾患などは、疲れを原因とすることが多いので、健康寿命を延ばすにも役立つでしょう。

 

 緊張をゆるめるには、マッサージを受けるのも良い方法です。
 それに加えて、自分自身で身体をゆるめる練習を、生活に取り入れたいところ。

 簡単な方法としては、横になり、目を閉じて自分の身体の状態を感じる方法があります。力が入っていると感じられると、自然にゆるんできます。

 

 体系だてて知りたい方は「自律神経訓練法」で検索すると、いろんな方が解説してくださっています。

2016年

7月

25日

腰痛の原因は、腰の硬直です

 最新の研究で、腰痛の90%以上は、腰椎や椎間板に変形などの原因がないことがわかっています。ですから、大半の腰痛は、腰の緊張を取れば治ります。

■腰が固い!

 腰痛を起こしている患者さんにも2タイプあります。

 一つは、先ほども書いたように、腰の筋肉が緊張しているだけのタイプ。ぎっくり腰などに多く、動かすと強い痛みが出ます。
 この場合の治療は、筋肉をゆるめることで治せます。

 

 もう一つが、腰椎が固まっているタイプ。慢性の腰痛を持っていらっしゃる方が多いです。

 もとは筋肉の緊張から始まっているのですが、長い時間、緊張で固まっていたために、腰椎の一つ一つをつなぐ関節(椎間関節)が、くっついてしまっているのです。
 腰椎を押すと手ごたえが固く、柔軟性がないのが特徴。

 この場合には、筋肉だけを治療しても、またすぐに再発します。動かない腰椎のために生じた歪みを支えるためではないかと推測されます。

 

■腰椎を柔らかくする

 八起堂では、腰椎にも癒着を取るTAM手技療法を行います。といっても、腰椎は肩や足と違い、動きが少ないので、けっこうな精密作業。一つ一つの腰椎の形や動きを理解しつつの治療になります。
 腰椎の動きが改善し、柔軟性が出てくると、周辺の筋肉も柔らかくなります。

 

 人によっては、腰椎が柔らかくなる時に音がする場合もあります。
 ある患者さんは、3、4回もポン、ポン、という音が聞こえて、患者さんと一緒に笑ってしまいました(音がしてもしなくても、治療効果に差はありません)。

 

■大事なのは「柔らかい」こと!

 一度腰椎が動くようになると、腰痛を起こす回数が大幅に減ります。 実際、1、2回の治療を受けた後、数か月に一度来るだけでいいと言う人が少なくないのです。

 癒着であれ、筋肉の過緊張であれ、固まっているものを柔らかくするが、八起堂の治療。

 あなたの腰、固まっていませんか?

2016年

7月

03日

コルセットは、腰痛に逆効果?

 腰痛を防ぐ器具、いろいろ売られていますね。
 代表的なのが、コルセット。腰の周りに巻いて、腰痛を予防する道具です。

 ところがコルセットを使っている人に聞くと、効果があるという人ばかりではありません。それどころか、使うことでかえって腰痛がひどくなる人もいます。

 

■コルセットが逆効果になる場合

  コルセットの目的は、腰の周りにまきつけ、その圧迫と支えで、腰の負担を減らすことです。つまりは「腰を固定する道具」。

 前回も書いたとおり、ほとんどの腰痛は筋肉の緊張によって起こります。緊張しているところを固定すると、どうなるでしょうか?

 そう、ますます緊張します。コルセットで腰の自然な動きを制限すれば、守るどころか、さらに筋肉が緊張してしまうのです。

 立ちっぱなし、座りっぱなしでいる人にとっては、コルセットは役に立たず、悪化させる可能性があります。

 

■コルセットが腰を守る場合

 もちろん、コルセットが役に立つ場合もあります。

 たとえば、重いものを持ち上げたり、介護などで中腰の姿勢を取ることが多い場合。コルセットは腹圧を上げる事で、腰の負担を減らします。
 力仕事をする人には、効果があるといえるでしょう。

 正しいコルセットの使い方は、力仕事をするときだけにつけること。ただ座っていたり、立っていたり、まして寝ている時などにつけていてはいけません。

 腰をゆるめることが、腰痛の一番の解決方法なのです。

2016年

6月

28日

新しい理論による、新しい腰痛体操

 腰痛対策として、昔から言われているのが「腰痛体操」ですね。
 昔から言われているのに「腰痛体操で腰痛が治った」という人は、多くありません。なぜでしょうか?

 それは、今までの腰痛体操が、古い理論に基づいているからです。

 

■腰痛の理論が変わった!

 何年か前まで、腰痛の原因は、脊椎(背骨)が傷んでいることだと考えられていました。そこで、腰のまわりの筋肉を鍛えて脊椎を守ろう、という腰痛体操が生まれたのです。

 しかし近年の研究で、腰痛の9割以上が脊椎に問題がないことがわかってきました。それどころか、多くの腰痛が、筋肉の緊張による痛みであるとわかっています。

 筋肉の緊張が原因ですから、緊張をゆるめる体操が必要です。

 

■緩める感覚を作る腰痛体操

 誤解のないように書いておくと、筋肉を鍛える事自体は悪くありません。鍛えた後に、筋肉をゆるめるのがポイントです。

 代表的な腰痛体操を元に、解説します。

 

 仰向けに寝転んで、膝を立てます。その状態で、背中を持ち上げるように、背筋にギュッと力を入れます。(この時、お尻を浮かせないように)。

 次に、息を吐きながら背中をストンと落とします。ゆっくりと息を吐き続けながら、背中の力が抜けてゆくのを感じます。そのまま、ダラーンとして10秒くらい。

 ある程度ゆるんだ感じがしたら、もう一度上げて、落とす。これを、何度か繰り返します。

 

 お尻を浮かせないようにするのは、背筋の緊張をわかりやすくするため。一度、背筋を強く緊張させることで、そのあと力を抜きやすくなります。

 脱力すると眠気が出ますので、眠る前が最適です。

2016年

6月

18日

肩こり腰痛は、体幹のイメージから

 人間には本能的な動作は少なく、環境や意思によって後天的に得る動作のほうが多い、というのが、前回の話でした。

 今回は、後天的な環境に合わせたはずの動きが、なぜ腰痛や肩こりを起こすのかについて。

■肩こり、腰痛の原因は、体幹が動かないこと

 人類の歴史をみると、採集や狩猟で、一日歩き続ける生活を続けてきたようです。立ち続けたり、座り続けたりという現代人の生活は、そもそも不自然で、それが健康をそこなう元になっているわけです。

 デスクワークでも立ち仕事でも、使うのは主に肩から先だけですし、足は立っているだけ。体幹部は、手足の土台として動かさないことが多いのです。
 動かないままの体幹部は、緊張が解けず痛み出す…これが、肩こり腰痛です。

 重労働をしない生活では、体幹部の力を使わなくても、手足を動かすだけで事足りてしまいます。後天的な生活の中で、体幹部を使う方法を身につける機会がないのですね。

■急に話は飛びますが

 「站椿(たんとう。別名、立禅)」という稽古があります。もとは中国の武術・健康法ですが、少し膝を曲げ、手はものを抱えるような形にして立ち続け、身体の感覚と向き合う練習です。 

 練習中、体幹をゆるめ柔らかく保つと、バランスをとる小さな動きの繰り返しで体温が上がり、早足歩きくらいに呼吸が上がってきます。

 体幹部が動いて、これだけのエネルギーを使うのが、本来の姿というわけです(余談ですが、この揺れる站椿を毎日続けると、はっきり体重が落ちます)。

 「体幹部は動く」というイメージがはっきりしてくると、肩も背中もやわらかくなってくるようです。

■そこで最近の治療では

 癒着をとるだけではなく、固まった筋肉に動きをつけてやる操作をしています。

 痛みの改善率が上がるだけでなく、何回か通ってくださった方では「腰痛が起こらなくなった」とおっしゃってくださることが増えました。
 筋肉が柔らかさを思い出すのでしょうか。

 こり、腰痛でお悩みの方。
 立ち仕事、座り仕事は減らせないかもしれませんが、体操でもなんでもやってみて、体幹部の動きを思い出すのはいかがでしょうか?

2016年

6月

01日

肩こりや腰痛が、皮膚から起こる場合

腰痛や肩こりの患者さんの治療。

 八起堂では、筋肉や関節の引っかかりをとることで治療するのですが、もう一つ大事にしているポイントが有ります。それは、皮膚。

■皮膚と骨とが貼りつく場合

 とくに皮膚の動きが悪くなっているのは、骨を触れる場所。

 背骨の出っぱり(棘突起)と、肩甲骨の突起(肩甲棘)、あとは骨盤のフチ。この三箇所で皮膚が動かないために、体幹部の動きが制限されている方が多いのです。

 肩甲骨が動かなければ、肩こりになりますし、骨盤のフチが突っ張ることは、腰痛の原因にもなります。
 背骨の出っ張りは、どちらにも。とくに、首に近い部分での貼り付きは首の疲れに影響しています。

■治療は簡単

 治療そのものは、動かない部分の皮膚に手根をあて、すべらせるだけ。うまく癒着が取れる時には、しばしばポンとかバリバリという音がします。

 決して難しくはないのですが、場所が場所だけに、自分で行うことができません。信頼できる施術者に頼みましょう。

 施術者の方は、勢い余って肋骨に力がかからないように注意して下さい。

2016年

5月

27日

努力いらず!姿勢よく座るコツ

 デスクワーク時の猫背は、腰痛や肩こりのもと。そんな猫背を防ぐ、努力のいらない工夫を2つ、ご紹介します。

■パソコン画面の位置と角度を変える

 私達がパソコン作業をするとき、無意識のうちにディスプレイを正面から見ようとします。ディスプレイが上向きなら顔を上に持っていきますし、下向きにすると画面をのぞき込むために顔を下に動かすわけですね。

 そこで、ディスプレイの角度を少し高めにすると、自然に背筋が伸びます。正しい姿勢での顔の位置か、ほんの少し高めがおすすめです。

 ノートパソコンを膝において作業する方もいらっしゃいますね。身体に近いところにディスプレイがあると、どんなに努力しても顔が下向きになり、首に負担が。

 やむをえない場合を除いて、机などに置いて作業するように心がけましょう。

■椅子の後ろにクッション

 背筋を伸ばすには、骨盤を立て、腰が軽く反るようにする必要があります。

 実は、骨盤の角度を決めるのは、膝の高さです。膝がお尻より高い位置にあると、殿筋に引っ張られて骨盤が後ろに傾き、猫背になります。なぜか事務用の椅子は後ろに向かって傾斜していることが多く、猫背になりがち。

 そこで椅子の後ろ半分にクッションを入れると、膝が少し下がって、自然に背筋が伸びます。
 クッションがない場合には、椅子に浅く腰かける方法もありますね。

 どちらの工夫もすぐできて、努力もいらない優れもの。一度、お試しください。

2016年

5月

22日

一日一分で姿勢が良くなる、意外な部分のストレッチ

 「年齢は背中に出る」と言われています。

 姿勢が悪いと、肩こりや腰痛の原因になるだけでなく、老けて見えます。逆に、背筋がスッと伸びた立ち姿は若々しく見えるもの。

 しかし頑張って背中を伸ばそうとしても、すぐ元通りになってしまう、という人は多いはず。

■背中が丸くなる原因は「かかと体重」

 実は、立ち姿は体重の位置で決まります。

 背中が丸くなる人は、足のかかとで立っていることが多いのです。かかとに体重がかかると、後ろに倒れるのを防ぐために自然に上半身を前に倒してしまいます。その結果が猫背です。

 逆に、つま先側に体重がかかると、上半身は反り、スッと背中が伸びた姿勢になります。

 以前も書きましたが、この原理を応用しているのが、女性を美しく見せるというハイヒール。かかとが高くなることで体重が足先にかかり、背筋が伸びるのです。

 とはいえ、いつもハイヒールを履いているわけにはいきませんね。男性ならばなおのこと。

■ふくらはぎを伸ばせ!

 ハイヒールよりももっと簡単に、体重の位置を変える方法が、ふくらはぎのストレッチ(筋膜リリース)。
 ふくらはぎにある腓腹筋、ヒラメ筋が伸びると、足首が深く曲がるようになります。すると体重のかかる位置が前に移動し、背中が伸びてくるのです。

 ストレッチ方法は、いわゆる「アキレス腱伸ばし」のポーズです。伸ばした状態を保ったまま、30秒静止、左右で合わせて一分間。

 直後から立ち方の変化が実感できます。もちろん、一回だけでは時間とともに戻ってしまいますが、一日に1,2回のストレッチで変化を保つことができます。

 なお、しばらく続けても足首が深く曲がらない時は、足関節が固くなっている可能性があります。「足の治療について」で紹介している足首回しを試してみてください。

 何回やってもうまくいかない時は…TAMで癒着を開放する方法も。
 どうぞ、ご相談下さい。

2016年

2月

28日

浅い鍼の効果をどう考えようか…

 八起堂治療院でも、鍼治療は行います。

 メインになるのはトリガーポイント鍼治療。筋肉の中にできるコリの固まりに鍼を打ち、緩める治療です。
 腰痛の患者さんなどには極めて有効で、あっという間に痛みを減少させることができます。

 トリガーポイント鍼治療では、筋肉の中にあるポイントに鍼を届かせる必要があるので、3~5センチと深く鍼を打ちます。そうでなければ、効きません。

■鍼は浅く打っても効く

 しかし、場所によっては、鍼を浅く打つこともあります。それも、切皮という2~3ミリしか刺さない打ち方。

 狙うのは、皮膚に違和感を感じるところ。緊張しているというか、動きが少ないというか、他とはちょっと違う感触の場所に浅く打つと、周辺の筋肉が緩みます。

 痛みもリスクもほとんどないので、主に上半身で便利に使っていますが、困っていることが一つ。こんな浅い鍼がなぜ効くのか、理論がわからないのです。

■体壁内臓反射という説

 3ミリといえば、皮下組織を通っているかどうかの浅さです。筋肉には全く届いていないのに、筋肉に作用する不思議。トリガーポイントの理論では説明できません。

「体壁内臓反射」と言われる説があります。
 神経は脳から手足の末端まで、枝分かれしながらつながっています。近い神経枝との間で混線が起こると、内臓の異常が皮膚に伝わったり、皮膚の刺激が内臓に伝わったりするというのが、体壁内臓反射説のあらまし。鍼灸や指圧を現代医学的に考える際に、使われる理論の一つです。

 私の見ている皮膚の感触も、筋肉の緊張が皮膚に伝わり、立毛筋などを緊張させて異常な感触を生じると考えれば、納得がいきますね。

■説明不足!

 ただしこの説には、致命的な欠陥があります。
 内臓(筋肉)の緊張が皮膚に伝わるところまではわかります。皮膚の刺激が内臓に伝わることも理解できます。しかし、鍼の刺激がプラスに作用する理由がわかりません。
 普通に考えれば、より緊張しても良さそうなものではありませんか?

 そんなわけで、なぜこの鍼が効くのかは今でもわからないまま。はっきりすれば、さらに効果的に使えると思うのですが…。

2016年

2月

07日

筋膜治療の話

 このところ健康番組などで話題なのが、筋膜リリースなどの筋膜治療。筋膜とは、筋肉の表面を覆っている膜です。

■筋膜とは?

 筋肉は、筋繊維と言われる細長い細胞で出来ています。たくさんの筋繊維のまとまりを包んでいる膜が、筋膜。フィルムで包んだソーセージを想像してもらうと、わかりやすいかもしれません。

 筋肉を包んでいる筋膜の他に、内臓を包んでいる胸膜や腹膜、皮膚の下で、ひとつながりに全身を包んでいる皮下組織の膜も、まとめて筋膜と呼ばれます。

 さてこの筋膜、状況によっては縮んで固くなったり、膜どうしがくっついたりします。そうなると姿勢を歪めたり、動きを妨げて痛みや疲れの原因になります。
 こうした筋膜を正常に戻そうとするのが、現在言われる筋膜治療なのです。

■筋膜の治療法は?

 筋膜の治療にも、いろいろな方法があります。

 ・のばす
 最もメジャーな方法で、いわゆる筋膜リリースの中心となる技術です。縮んだ筋膜に連続的な力をかけてストレッチします。

 ・分離する
 筋膜どうしがくっついているときに、隙間を開いたり、ずらすように動かすことで分離し、自由に動けるようにします。

 ・その他
 鍼で刺し、壊して新しく再生させる方法や、お灸の熱で血行を増やし、伸ばしてゆくという方法をとる人も。

 八起堂の筋膜治療は、TAM手技療法でくっついた筋膜を分離する方法が中心。あとは要所要所をピンポイントで伸ばす方法を併用します。ごくまれに、鍼を使ってほぐす場合もありますね。

 筋膜治療は、一見簡単そうに見えます。しかし、深部の筋膜や、関節の周辺の筋膜などは、人体の構造を知らなければ施術を届かせることができず、癒着や短縮が残ってしまいます。入りやすく、奥が深い治療法だといえます。

 以前は病院でも治療院でも、筋肉や骨、神経だけが治療対象とされ、筋膜・靭帯はほとんど無視される存在でした。筋膜治療が一般に行われるようになって選択肢が広がり、これまで治らなかった不調も治せるようになってきています。

 これまで何年も筋膜や靭帯の癒着を治療してきた者としては、世間の認知度が広がってくれて、ようやく肩身が狭い時代が終わった気分です(笑)。

2016年

1月

22日

腰痛に、トリガーポイント鍼治療

  このところ、トリガーポイント鍼療法のことで、お問い合わせを頂くことが増えました。

■トリガーポイント鍼治療とは

 鍼治療といえば東洋医学、という印象ですが、トリガーポイント鍼療法は、現代医学の理論によるものです。

 トリガーポイントを簡単に説明すると、筋肉のコリが極端に強くなった部分。血液の流れが悪くなったため自然には回復できない塊(硬結)となって、動いたり、圧迫が加わると、痛みを発します。痛みの引き金(トリガー)になる場所(ポイント)ということで、この名前がつきました。
 そこで、このトリガーポイントを治せば痛みが消える、というのがトリガーポイント治療の基礎理論です。

 治療としてはマッサージや指圧、病院なら注射による方法もあるのですが、なんといってもメインは鍼治療です。
 痛みの引き金となる筋肉のコリに鍼を打ち(刺し)、数分おいて、筋肉を緩ませます。 

■トリガーポイント治療の長所と短所

 長所は、即効性と確実性です。筋肉のコリという物理的な対象を治療するので、治療した分だけ症状が改善します。仕事など、日常で生じる痛みの定期的メンテナンスとして、優れた力を発揮します。

 つぎに短所…というよりも、使い方の問題について。
 トリガーポイントは習慣や歪みによって生じたコリの強くなったもの。「原因か結果か」といえば、結果だと言えます。つまり、原因となる歪みなどを一緒に治す必要があります。

 八起堂では、特に腰痛の治療でトリガーポイント鍼治療を多用します。合わせて骨盤(仙腸関節)の調整、足の歪み調整、腰椎の可動性を回復させる治療などを行い、ほとんどの場合、その場で痛みが軽減します。

2015年

12月

15日

仙腸関節の調整を補助する、股関節操作

 前回、身体の下から上に向かって影響が及ぶという話を書きました。この話は、仙腸関節でも有効です。

 仙腸関節の動きが、極端に悪い人に出会うことがありますね。また、ある程度、仙腸関節の動きを感じ取れるようになると、仙腸関節の一部だけ(とくに前の部分!)がうまく動かないケースにも、出会うことがあります。

 このような時、力任せに動かすのはリスクが大きく危険です。仙腸関節の形状を考え、動きを触知しながら方向を変えて操作することで、こうした場合でも治療を行うことができます。

 ところが、方法によっては、もっと短時間で動きを回復することもできます。
 その方法とは、股関節を徹底して調整すること。

 股関節の可動域を拡げ、周辺の筋肉の癒着・緊張をとると、急に仙腸関節が動き出すことが多いのです。
 股関節を動かす筋肉は多くが腸骨から起始していますし、大腰筋のように仙骨の上から起始するものもあります。これも、筋肉を通した連鎖の一つであると考えています。

2015年

12月

12日

なぜ、痛みや不調は連鎖するのか(2)

 前回の続きです。

④筋膜、皮下組織の動きによる連鎖
 このところメディアでも注目の筋膜。
 人間の全身には、筋膜という膜状の組織があります。筋肉一本一本を包む個別の筋膜から、全身を包む、全身タイツのような筋膜まで。
 また、皮膚・皮下組織も全身を包んでいます。

 この筋膜や皮膚は、身体の動きに合わせて伸びたり動いたりします。例えば肘を曲げると、腕の外側の皮膚や筋膜は、曲がった分だけ伸びたり動いたりしなくてはなりません。

 そこで、一箇所の動きが悪くなると、その部分とつながっているところは動きにくくなるのです。

⑤神経の走行による連鎖
 前回も書いたとおり、神経は脳から全身の末端までを結んでいます。その途中のどこかで神経に障害が発生すれば、その部分から先の全部が影響を受けます。

 当然ですが、この影響は中枢から末端に向かい、その逆はありません。

⑥自律神経を通した連鎖
 これは、厳密には連鎖とは少し違いますが…。

 前述したとおり、AKA(関節運動学的アプローチ)は、仙腸関節を非常に重視しており、この部分を調整することで、全身の痛みや動きに改善が見られるとしています。

 私自身も見たことがありますが、確かに仙腸関節の調整だけで別個所の痛みが減少し、可動性が改善するケースがあります。

 その一方で、痛みは減少しても、その場所の癒着などは残っていました。構造にまでは作用していないようです。

 とすれば、考えられるのは神経の作用。仙腸関節の痛みや緊張の緩和が自律神経に働き、全身の筋緊張を下げている、または痛みの閾値を上げている(知覚過敏を抑えている)のではないかという推論ができます。

 自律神経の作用なら、キーは仙腸関節だけではないはず。どこの治療であれ、痛みや歪みが消えれば、効果は全身に波及することになります。
 例えば、八起堂では足の調整であちこちの痛みを減らすことをやります。自分では①の「積み木の原理」のつもりですが、この自律神経の問題もいくらかは作用しているのかもしれません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 こうして二回にわたって書いてきましたが、関連を追求するにも、いろんな方法があるわけです。

 私がいつも意識しているのは①、②、④。ときどき利用するのが③と⑤で、⑥を意識して使うことはありません。この辺りは、治療する人の感覚や方針、価値観によります。

 治療の選択肢は多彩で、自由度があります。あの手この手を使って、より効果の高い治療を模索するのも、治療家の楽しみの一つですね。

2015年

12月

08日

なぜ、痛みや不調は連鎖するのか?

どこかが痛い時、痛い部分だけを治療しても、なかなか治りません。身体の各部にはつながりがあり、痛い部分と原因が別の場所にあることが少なくないからです。
 こうした現象が起こる理由は、いくつか考えられます。

①「積み木の原理」
 下においてある積み木が傾いていたら、どんなに注意して重ねても、上の積み木は傾きますね。同じように、足などに歪みがあると、上にある部分も歪みます。

 例えば、足関節の癒着で足裏が傾いてしまっている場合、内外の膝関節の一方に偏った荷重がかかって、膝を痛めることが多いのです。
 また、つま先の上がりが悪い人は体重が後ろに偏り、バランスをとるために上体を前に移動、猫背になって腰痛を起こす、というような関連もあります。
 こうした膝痛、腰痛の治療には、足関節の調整が欠かせません。

②筋肉を通した連鎖
 筋肉は、骨を引っ張ることで関節を動かしています。ところが筋肉は、単一の動きだけをするわけではありません。

 例えば母指を動かす長母指伸筋は、尺骨と母指をつないでいます。母指を背屈する時には、親指を尺骨側に引っ張る…手首を外旋させる力も発生しているわけですね。
 母指の根元が不調でこの筋肉が強く緊張すると、前腕外旋の力が連続して発生します。それを打ち消すためには、前腕を内旋する筋肉を緊張させてバランスを取らなければなりません。

 つまり、一つの場所の不調は筋肉の緊張を作り出し、その筋肉とバランスをとる筋肉、さらにその筋肉とバランスをとる筋肉と、連鎖して不調が伝わると考えられます。

 この連鎖は、末節から体幹部に向かうことが多いです。
 理由の一つは、体幹部に近い筋肉の方が微妙な調節が不得意で、歪みに適応しきれないからではないかと考えています。
 もう一つ。筋肉の末端側は骨と一点で接していますが、体幹側は幅広く、あるいは二頭筋、三頭筋のように複数の骨にまたがっていることが多いです。その骨の間で不均衡が起こっている可能性もあります。

③神経の混線による連鎖
 私達の身体は、神経を通して脳とつながり、感覚を伝えたり、運動の司令を受け取ったりしています。ところがこの神経、混線することもあります。

 ある場所に不調があったとして、感覚神経の伝えてくる場所と、運動神経の向かう場所がズレていれば、当然おかしな位置が緊張したりしますね。混線の起こりやすい、神経の枝が近いところで不調が連鎖することになります。

 人間の感覚は場所によって精度が違います。指先ではミリ単位かそれ以下の精度でわかりますが、肩や背中は鈍く、5,6センチのズレがわからないことも。肩こりや腰痛が発生する理由の一つは、こうした感覚の鈍さが、感覚・運動神経のズレを多発させるからではないかとも考えられます。

 太極拳やヨガなどが健康に良いのは、動作を通してこうした感覚のズレを修正してくれるからではないかと思うのですが、どうでしょうか?

2015年

11月

10日

NHKの、腰痛特集ページを見てください

 このところ、NHKが熱心に腰痛の情報を発信しています。

 数カ月前には、「腰痛のほとんどに故障はなく、ビデオを見て知識を得るだけで治る場合がある」という話を紹介していました(NHKスペシャル「腰痛・治療革命」)。

 つい先日は、わずか三秒の腰痛体操を毎日行うことで、慢性腰痛を解消できるという話をしていました(「団塊スタイル」)。

 腰痛をめぐる治療や研究は、この数年間で大きく変化しています。例えば昔は、腰痛は椎間板ヘルニアなどの組織損傷によるものとしていました。しかし現在では、多くの腰痛には損傷はないことがわかっています。
 また、原因の一つがストレスであることも、広く知られるようになりました。

 腰痛は、昔考えられていたような、治らない症状ではないことが、はっきりしてきたのです。

 実際、私の経験から見ても、腰痛の治療はそんなに難しいものではありません。八起堂治療院にいらっしゃる患者さんでも、初回で痛みが半分以下になる方がほとんどです。中には、すぐに治ってしまう方も。
 初回の治療で改善が見られないような難治性の患者さんは、10人に1人もいません。

 腰痛は「治らない、怖い」という恐怖があると、ストレスで、よけいに悪化するとのこと。

 腰痛は難しいものでも、怖いものでもなく、適切な治療さえすれば、簡単に改善できる。そうした知識が広がってゆけば、腰痛で悩む人はもっと減るはずです。

 先ほど書いたNHKの腰痛情報は、ネットで公開されています。腰痛でお悩みの方は、ぜひ御覧ください。

・リンク NHK・腰痛特集ページ

2015年

9月

27日

腰痛体操をするなら、足も鍛えて

「腰痛は、二本足で歩く人間の宿命だ」と言われることがあります。もともと4本足で歩いていた動物が、立ち上がったために内臓や骨格に負担がかかっているというのです。


 ただ、この言葉は事実ではないようです。

 以前、NHKが腰痛について調査した番組で、アフリカの草原に住む狩猟民族には、日本で言うような腰痛の人はいませんでした。たまに腰が痛いという人に会うと「木から落ちて、腰を打ったよ」だったり。


 この人達は、一日に数十kmも歩くような狩猟生活を行っていました。二足歩行の時間は我々よりもずっと多いのですから、二足歩行自体が、腰痛の原因ではないことを示しています。


■立っている時の、腰の負担は少ない

 腰の椎間板にかかる負担を計測した結果も、それを肯定しています。椎間板にかかる負担が一番少ないのは、寝ている時でした。これは当たり前ですね。

 次に負担が少ないのは、なんと立っている時。腰椎が直立しているために、筋力を使う必要が少なくなり、椅子に座っているよりも楽だったのです。


 現代の我々の生活は、座っていることだらけ。のみならず、もっとも腰に負担がかかる前かがみで作業することも少なくありません。つまり腰痛は進化の失敗ではなく、文明病だといえるのです。


■腰痛の予防には、足を鍛えよ!

 もう一つ、腰痛を防ぐ上で必要なのは、足の力。

 骨盤は、3つの骨で出来ていて、その柔軟性で歩くときの衝撃を吸収します。足の筋力が骨盤の両側で働いて、体重を支えているのです(図上)。


 しかし足の筋力が弱ると、骨盤を引く力が弱まり、体重を支えきれなくなります。骨盤の中央が下がり、全体の形も狭くなってしまいます(図下)。全体が四角い形になることから、四角骨盤と呼ぶ人もいます。

 この場合、左右の腸骨に支えられている仙骨は下がり、ズレやすくなります。これも、腰痛の一つの原因(私が腰痛の方を治療するときにも、まず下がった仙骨を持ち上げる作業をします)。

 

 こうした骨盤の不調を予防するために、必要なのが足の力。

 前述の狩猟民族の方々も、毎日長い距離を歩いているからこそ、腰痛と無縁でいられるのです。


 一般的に腰痛体操というと、腹筋や背筋を鍛えることがメインになっています。それも間違いではありませんが、同時に足を鍛えることを忘れてはなりません。ウォーキングなど、足の筋肉を鍛える習慣も、腰痛対策には必要です。


 まさに、足は健康の要、なのです。

2015年

8月

15日

腰だけ治してもダメ。足で治す腰痛

 先日、慢性腰痛の患者さんの治療をしました。腰の右側に、強い痛みがあるとのこと。試しに動いてもらうと、上体を右に倒すことが出来ません。右側の仙腸関節が、全く動いていないのです。

 腰痛治療の基本は、腰の可動性を改善して、腰部筋肉の緊張を減らすこと。
 そこで、腰椎と仙腸関節の固定をゆるめ、足の各部も調整しました。ついで左右の筋力のバランスをとったところ、曲げられる範囲が広がり、痛みもかなり減ってきたとのことでした。

 

続きを読む

八起堂治療院連絡先

奈良市西大寺新池町3-10

電話 080-3112-8738

hakkidou.tam@gmail.com

こちらからの返信メールが、
迷惑メールフィルタに引っかかってしまうケースがあります。(特に、ケータイのメール)

一日待っても返信がない場合は、改めて電話でご連絡下さいますよう、お願い致します。

お知らせ

休業の連絡などは、ここで行います。

サイト内検索

ブログ最新記事

2017年

5月

29日

仏様は、前のめり…姿勢と重心の関係

 今、奈良の国立博物館で「快慶展」をやっています。

 奈良には国宝・重文級の仏像がゴロゴロしていますが、その中で一番好きなのを選べと言われたら、迷わず東大寺南大門の金剛力士像を選びます。この像を作った中心人物の1人が快慶です。 

 快慶の特徴は、写実とデフォルメの融合した迫力。

 今回の快慶展では、様々なバリエーションの像を比べることが出来て、興味深いものでした。

 ある高僧をモデルにした像など、顔のシワから口元の微妙な歪みまで、モデルの性格がはっきりわかるほどの描写力。いかに観察力に優れた仏師だったかがわかりました。 

 いくつもの像を見ているときに、妻が言いました。
「仏様って、前のめりだね」
 なるほど、横から見ると直立していません。角度にして10度くらい、前に傾いて立っています。

 

続きを読む

2017年

4月

11日

ねんざの痛みが長引く原因は

  八起堂治療院は、ねんざ後遺症の治療を得意としていますので、捻挫についての問い合わせをたびたび頂きます。

 

  その中でも多いのが、

 「ねんざのあと、何ヶ月たっても腫れが引かなくて、気がついたら関節の動きが悪くなっていたんです…」

  という、長引いたねんざの後遺症です。

 

続きを読む

2017年

3月

23日

原因不明の膝の痛み…足の歪みかも

 膝が痛むという方は、少なくありません。

 こんなとき、病院ではまず、膝軟骨の状態を見ます。軟骨がすり減っていれば、変形性膝関節症という診断がつきます。

 ところが、軟骨に変形がないのに痛みが出ることもあり、原因がわからないこともあります。そんなときは、膝や足の歪みが原因かもしれません。

 

続きを読む 0 コメント