足首の関節で、大事な箇所は3つ!

①は内くるぶし(距腿関節)
ここが固くなると、つま先が内側に向く「かま足」になります。ルルベ(つま先立ち)がグラついて安定しません。

②足の甲の高い部分(距舟関節)
足の1~3趾につながる骨で、この部分が悪いと、足アーチが固くなります。足が外側に倒れやすくなります(ねんざ癖)。

③かかとと足首の継ぎ目(距踵関節)
かかとと足首のつなぎ目です。足の伸ばしやすさ、重心の位置を決める関節で、ここが固くなると、足が動かしにくいだけでなく、立ち姿にも関係します。

 この三ヶ所を中心に全体を整え、動きやすい足にすることが必要ですが、歪んだ足の治療を行っているところはほとんどありません。

 足の骨は、一つ一つが独特な形をしている上、関節も複雑です。とくに上述①の内くるぶしの部分は、通常のリハビリでは解消が難しいところ。

八起堂では、「TAM関節リリース」によって、それを行っています。靭帯の張り付きに特化した技術で足関節を精密に操作し、動きを改善してゆきます。

足の筋肉の、癒着と治療

 足の筋肉、とくに、ふくらはぎが固い場合もありますね。
 足には何本もの筋肉が、並ぶように存在しています。そうした筋肉の間でも貼りつきが起こって、自由に動けないのが、固さの原因です。

 また、筋肉の動きに偏りがあると、踏み込みや蹴りだしの力が偏り、運動の負担となります。

 こうした場合には、筋肉それぞれが自由に動けるように調整する必要があります。八起堂では、TAM筋膜リリースと鍼を併用することで、筋肉の動きを回復させます。

ダンサー、アスリートの足首について

ダンス、バレエ…美しく立つための足をつくる

正しく伸びる足先は、バレエ、ダンスの命です。しかし、長年の練習で足に歪みを抱えている人は少なくありません。

ダンスで問題になる足の歪みには主に2パターンがあります。

①つま先が伸び切らない
 右の図のように、つま先が伸び切らない(甲が出ない)場合。
 この場合は、足関節の可動域が減少していることが多いです。距腿関節の前後の動きを回復することで、伸び切らせることができるようになります。

②足先が内側に入る
 いわゆる「かま足」になる場合。
 足関節の内側、内くるぶし周辺が動かない場合です。外側だけが大きく動くので、つま先が内側に向いてしまい、立ちにくくなります。

 内くるぶしの固さを取り、平均して動くように調整します。

アスリート…足を整えて、自己ベスト更新?

 足と、アスリートのパフォーマンスは切り離せません。足の歪みを取るだけで、動きやすくなったと喜んでいただくことが多いです。

 少し前の話ですが、十数人の陸上選手に、施術前後で100メートル走の実測をしてもらったことがあります。おおむね施術後のほうが記録が良く、なんと二人の方が、その場で自己ベスト記録を更新。

「過去にケガをしたことがありませんでしたか?」と尋ねると、中学生時代のねんざを思い出されました。長い間、足の歪みで出せなかった実力が出せるようになったのでしょう。

 アスリートの場合には、ふくらはぎの筋肉が固くなっていることも多いものです。足首を屈伸しつつ筋肉の動きを調べ、動きの少ない筋肉を中心に施術してゆきます。

足の治療は、こんなふうに進めます

①陸上選手の実例

「右足を前に踏み込んだとき、膝が外にブレて、体重がまっすぐに乗らない感じがします」
とのこと。

 

調べると、膝と足首に、わずかなねじれがあります。内くるぶしに癒着があり、足を踏み込んだ時に、足先が小指方向へ逃げていました。

 

癒着のために足首の内側と外側の沈みこみに差が生じ、膝の動く方向がズレていたのです。

そこでくるぶしの癒着をとり、まっすぐに動くように施術を行いました。

 

さらに調べると、足先を伸ばしたときに、わずかながら足先が内側に入ることに気付きました。いわゆる「かま足」です。 立って、地面を蹴る力を左右で比較してもらうと、

「右足は、蹴りの力が逃げる感じがします」

とのことです。

 

「かま足」も、内くるぶし周辺の癒着が原因となって起こります。蹴り出しに使う方向でも癒着をとり、踏み込み、蹴り出しを試してもらったところ、

「体重も乗りますし、力も入ります!」

とのことで、治療を終了しました。 

 

②バレエダンサーの実例
「左足全体が痛み、思うように踊れない」とのこと。診ると、足の外側の筋肉が、上から下まで強く緊張しています。
立っている状態で重心線を見ると、足先がやや内側に向いています。足首を構成する骨の位置が、正しく並んでおらず、それを筋力で無理に支えている状態。これが筋肉の異常な緊張の原因でした。
初回は横方向のゆがみを取り、重心線を整えて終了しました。

 二回目。初回の治療で足外側の痛みは大幅に減ったが、トウ(つま先)で立つときに、足首がグラグラして不安定だとのこと。
トウで安定して立つには、足関節を十分に底屈(つま先を伸ばす)させて、骨格で体重を支えることが必要です。ところがこの方では、足関節前面の癒着で底屈が不十分でした。
足関節の癒着を取り、十分に底屈できるようにしたところ、体重を骨格で支えられるようになり、楽に立てるようになりました。

足首治療に関してお知らせしておきたいこと

足の関節リリースは、痛いです

 最初から怖がらせるようで心苦しいのですが、足首の関節リリースは、痛いです。
 関節リリース、筋膜リリースは、靭帯や筋膜の貼り付きを引き離す技術です。例えるなら、間違って貼り付けた絆創膏(ばんそうこう)を剥がすようなもの。
 足の関節は靭帯が強く、貼り付きも固いために、施術時に痛みを感じやすいのです(なぜか、肩や膝の場合は痛みを感じない方が多いですが)。

 施術を受けた方の中には
「先生の笑顔が、このときだけは鬼に見えます」(笑)
という方がいるほど。それでも施術の後は「我慢した甲斐がある」と言ってくださいますが…。

 施術の力加減を弱くし、施術回数を増やすことで、痛みを少なくすることもできます。どうしても痛みに弱い方は、ご相談下さい。

ねんざの治療は、腫れがひいてから

 時々、ねんざ直後の方からご連絡を頂くことがあります。

 しかし、ねんざの治療は安静が基本。治療のためであっても、強い力をかけることは、腫れを長引かせ、治癒を遅くする可能性があります。

 ねんざした直後は、まず病院に行き、骨折や靭帯断裂がないか確認して下さい。あとは修復中の靭帯に負荷をかけないように、おとなしくしているのが一番(足を上げておくと、腫れが引くのが早くなります)。腫れが引いたら、ゆっくりと動かして、リハビリ。

 腫れが引いて痛みも消え、治ったと言われたあと、それでも違和感が残るようなら、八起堂治療院にご相談下さい。

 

八起堂治療院

 電話 080-3112-8738

メールはここをクリック→ hakkidou.tam@gmail.com

メールには、必ずお名前を明記してください。
また、返信メールが迷惑メールフィルタにかかって、返信できないケースがあります。
一日待っても返信が届かない場合には、改めて電話でのご連絡をお願い致します。

 

おまけ…自分でできる足関節のテストと簡易治療

 ねんざ後遺症について、全国からお問い合わせをいただきます。

 しかし奈良は遠くて、なかなか行けないという方も少なくありません。そこで、ご自分でできるテストと、簡単な治療をご紹介します。この治療だけでもある程度の効果はありますので、どうぞお試しください。

足関節のテスト方法

 人間の足が動く範囲は、上に20度、下に50度とされています。
目安を言うと、
「つま先をあげた時、指の付け根がくるぶしの高さまでくると20度」
「つま先を下げた時に、足の甲と脛骨が一直線になると50度」
と、覚えてもらうといいでしょう。これより狭い場合は、可動域制限の可能性があります。

 動きが正しいかどうかの確認ですが、まずは片足立ちをしてみてください。きちんと立てないようなら、足首に歪みがある可能性があります。
 ダンスやスポーツをする方の場合は、片足で立ったところから、かかとを浮かせてみてください。かかとを浮かしたところで不安定になるようなら、正しく動いていない可能性が高いです。

セルフケアの方法、TAMストレッチ

 このストレッチは、TAM手技療法の動きを応用したもの。緊張と運動の2つの力を同時にかけることで、癒着に働きかけます。

 ピンポイントを狙って治療することはできませんが、繰り返すことである程度の効果が期待できます。

1. 椅子に座り、治療する足を、反対側の膝の上に乗せる。

2.つま先を上げ、手で固定。そのまま足首を大きく回す。逆にも回転させる(写真1枚目と2枚目)。

3.つま先を下に曲げて手で固定。そのまま足首を大きく回す。逆にも回す(写真3枚目と4枚目)。

 この操作で治療対象となるのは足裏の組織・指の屈筋腱と、足の甲の組織・指の伸筋腱です。

 足首のみならず、ふくらはぎ(指を曲げる筋肉の一部があります)をほぐす効果もあります。

4.足の裏が内側に向くようにねじり、手で固定。そのまま足首を大きく回す(写真5枚目、6枚目)。

5.足の裏が外側に向くようにねじり、手で固定。そのまま足首を大きく回す(写真7枚目、8枚目)。

この操作で治療対象となるのは、脛骨(すねの骨)と、足の間の関節です。

写真では片手でねじっていますが、両手でつかんでねじるほうが固定は楽。

ねじりながら回すのは、最初は少し難しいかもしれません。手は固定したり、ねじったりだけを行い、回すのは足の力で行うと、比較的簡単です。

治療後も左右に差があったり、回している間につっぱる部分があるときには、このストレッチだけでは取り切れない不調があります。

お知らせ

新型コロナ対策につきまして
八起堂治療院では、以下のように対策してまいります。

①時間をあけた予約制
②枕カバー、ベッドシーツまで、お一人ごとに完全交換(これは開院以来行っています)
③換気の徹底
④手指の消毒、マスク着用の徹底

どうぞ安心してお越しください

八起堂連絡先

奈良市西大寺新池町3-10
電話 080-3112-8738
hakkidou.tam@gmail.com

メールの場合、こちらからの返信が、迷惑メールフィルタにはじかれることがあります。
一日待っても返信がない場合は、改めて電話でご連絡下さいますよう、お願い致します。

ブログ最新記事

2020年

7月

27日

DVDに収録できなかった「鍼による関節リリース」について

 先日、関節リリースDVDの第二弾が、医療情報研究所様から発売になりました。今回は、前回よりも高度な技法と、肩こり、腰痛、膝痛という症状別の技法がテーマになっております。

 このDVDを作るにあたって、入れるか入れないか迷ったのが、鍼による関節リリース・筋膜リリース。

 このブログでも触れたことがありますが、筋膜・関節包の癒着に対して、鍼を使用することで簡単にリリースできるケースがあります。実際、手技だけで施術する場合よりも、大幅に時間短縮できます。

 痛みが少ない割に、施術の効果が高いので、施術を受ける方に喜ばれることも多いです。一応、手技を専門にしてきたつもりなので、鍼を褒められるのは複雑な気持ちではありますが…(笑)。

 関節リリースの鍼、要は関節の隙間の、貼り付きが生じやすい部分を、鍼で刺激する方法です。鍼を打つ位置、方向などを調整すると、肩や仙腸関節、あと足関節の可動域を回復するのに、効果を発揮します。
 関節リリースの技法には珍しく、「このツボにこの角度」と指定できるので、教えやすく、初心者にも再現しやすいですね。

 今回は、手技療法をメインということで外しましたが、もし鍼を使った技法を知りたいという方があれば、講習も行いますので、お問い合わせください。 

2019年

9月

04日

効くストレッチ、3つのポイント「長く、弱く、遅く」!

 ストレッチは運動の前後だけでなく、健康法としても、一般的です。

 そのストレッチですが、やり方一つで効果的になったり、場合によってはかえって身体を壊してしまうこともあるのをご存知でしょうか? ここでは、効果的なストレッチの方法をお伝えします。

・ストレッチは、何を伸ばしている?
 ストレッチは英語で「引き伸ばす」の意味。そもそも、何を引き伸ばしているのでしょうか?

 答えは、筋膜です。筋肉の表面や、皮膚の下にある、タンパク質でできた弾力性の膜のこと。筋膜を電子顕微鏡で見ると、繊維が絡み合った網目のようになっています。絡まり合って固くなったり、縮んだりした繊維を引き伸ばして揃えることで、もとの姿に戻すのがストレッチなのです。

・ストレッチのコツは「長く、弱く、遅く」!
 で、このタンパク質の網目の性質から、ストレッチの原則が説明できます。

①長く
 筋膜が伸びるには、時間がかかります。一説によると、最低でも一分半は必要だとのこと。短時間の引っ張りでは、弾力分だけゴムのように伸びて、また元に戻ってしまいます。形を変えるには、伸ばしたまま待つことが必要です。

②弱く
 筋膜を十分に伸ばすには、筋肉が緩んでいる方がいいですね。強すぎる力をかけると、筋肉は自らを守ろうとして、固くなってしまいます。「軽く張る」程度が、必要な力です。

③遅く
 関節でも筋肉でも、よく動いているところは柔らかく、あまり動かさないところは固いものです。

 ストレッチで伸ばしたいのは、「固いところ」。早い動きのストレッチでは、動かしやすいところだけが動きがち。
 短時間のストレッチでは本当に伸ばしたいところが伸びず、必要のないところだけを伸ばして、かえって身体を歪めてしまうことも。固いところ、柔らかいところを見極めながら、ゆっくりと力を伝えていくのが、ストレッチで大事なことです。

 動きにくい部分がある場合は、筋膜や関節がかなり固いかもしれません。そんなときは、ご相談下さい。
 八起堂では、関節や筋肉のもともとの動きと比較して、必要な部分を伸ばす施術を行っています。

続きを読む

2019年

8月

30日

正しい歩き方をするために必要なこと

足腰の調子を崩した患者さんから
「私の歩き方が悪いからでしょうか?」
 と聞かれることがありますが、そんなことはまずありません。

・正しい歩き方なんて、ない
 ぶっちゃけて言えば、正しい歩き方なんて、存在しません。目的によって、最適な歩き方が違うからです。

 例えば、ダイエットをする人にとっては大きく腕を振って、大股で歩く「エネルギー消費が多い歩き方」が正しい歩き方になりますね。

 外回りの仕事で、長距離を歩く人にとっては、足への負担が少なく、長距離を歩いて疲れない歩き方が適しています。身体があまり左右に振れず、やや狭い歩幅の歩きかたです。

 ただ、足を開きすぎたり、無理な力をかけたりと、歩き方が崩れてしまっている人がいるのも事実。
 正しく歩けないときには、その原因があります。

・歩き方よりも、骨格の正しさ
 歩き方が崩れる人は、ほとんどの場合、「歩き方が悪い」のではなく「悪くなってしまっている」のです。

 足が深く曲がらない、まっすぐに体重がかけられない、足が傾く…。こうした症状があると、どんなに「正しく歩こう」と意識しても、歩けるものではありません。

 例えば足首が固いと、歩くときに前に体重をかけられず、腰が引けたようになります。
 内くるぶしのまわりが固いと、蹴り出しのとき足先が内側を向くので、膝がねじれるようになることもあります。
 逆に、足がきちんと動きさえすれば、意識しなくても無理なく歩けるものです。

 歩き方が正しいか、よりも「足の動きが正しいか」の方が、ずっと大事なのです。

八起堂では肩こりや腰痛に対しても関節リリース・筋膜リリースを使用します。
 肩こりでは、肩や肘、肩甲骨、場合によっては背骨と肋骨のつなぎ目の動きも改善して、筋肉を柔らかくします。
 腰痛では仙腸関節(骨盤の継ぎ目)、腰回りの筋肉をほどきます。こわばっていた腰に弾力が出てくると、痛みも減少します。

肩こり、腰痛などの不調にも