2015年

9月

03日

捻挫の痛みが続く場合

 先日、ブログを読んだ方から捻挫についての相談メールを頂きました。ご相談は「捻挫のあと、一ヶ月しても痛みが残っているが、どうしたらよいか」というものでした。

 八起堂は、捻挫後遺症の治療を得意としているので、こうしたご相談を頂くこともあります。その時の回答内容が、他の方にも有効かと思われますので、ブログに掲載することにします。

・捻挫とは?
 捻挫とは、靭帯が無理に引き伸ばされて、損傷する状態です。

 その部分の組織が完全に修復して、自由に動くようになると、捻挫が治ったということになります。一般的には、数週間で痛みが消えることが多いのですが、痛みが長引く場合には、いろいろな原因が考えられます。

①腫れ・むくみはないか?

 まず、まだ完全に修復していない可能性。

 傷めた個所を調べて、腫れ・むくみなどが残っていないかどうかを確認します。腫れ・むくみは、損傷した組織を運び出し、新しい組織を作るために血液・リンパ液が集まっている状態です。

 したがって、腫れ・むくみがある間は、まだ靭帯が完全に治っていないと考えて、強い負荷がかからないようにして治癒を待つことになります。

 腫れもむくみもない場合は、足の動く範囲を見て下さい。捻挫が治った後に残る後遺症は、2パターンあります。引き伸ばされて緩んでいるか、癒着によって固定・短縮しているかです。

②緩んでいる場合・固くなっている場合

 捻挫は引き伸ばされる損傷ですから、一時的に靭帯が伸びます。
 修復過程で動かし過ぎると、長いままの状態で修復が行われて、関節が不安定になることがあります。

 逆に、靭帯が癒着を起こした場合などは、動く範囲が狭まり、やはり関節の動きが歪みます。

 どちらの場合でも、運動軸が変わるので、回すと異音がすることがあります。

 左右で動きを比べ、動きの大きさを確認して下さい。
 捻挫側の方が明らかに動きが大きかったり、グラグラして安定が悪い場合は、伸びた靭帯がまだ締まってきていないと考えます。

 その場合は、動かすと靭帯が引き締まるのを妨げることがあるので、しばらく安静にして、靭帯が落ち着くのを待つことになります。

 捻挫側のほうが動きが小さかったり、動きに固さを感じる場合には、靭帯の短縮か、癒着による可動範囲の制限を疑うことになります。

 この場合は、TAMストレッチを行うか、通常のストレッチで可動域を確保することになります。

 それでも回復できない場合には、TAMなど、何らかの手技療法を受けることをおすすめします。

八起堂治療院連絡先

奈良市西大寺新池町3-10

電話 080-3112-8738

hakkidou.tam@gmail.com

お知らせ

休業の連絡などは、ここで行います。

サイト内検索

ブログ最新記事

2017年

4月

11日

ねんざの痛みが長引く原因は

  八起堂治療院は、ねんざ後遺症の治療を得意としていますので、捻挫についての問い合わせをたびたび頂きます。

 

  その中でも多いのが、

 「ねんざのあと、何ヶ月たっても腫れが引かなくて、気がついたら関節の動きが悪くなっていたんです…」

  という、長引いたねんざの後遺症です。

 

続きを読む

2017年

3月

23日

原因不明の膝の痛み…足の歪みかも

 膝が痛むという方は、少なくありません。

 こんなとき、病院ではまず、膝軟骨の状態を見ます。軟骨がすり減っていれば、変形性膝関節症という診断がつきます。

 ところが、軟骨に変形がないのに痛みが出ることもあり、原因がわからないこともあります。そんなときは、膝や足の歪みが原因かもしれません。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

14日

ピアノを弾いて、親指が痛むとき

 仕事柄、音楽関係の方を診ることも多いです。

 楽器の設計では、美しい音を出すことが最優先で、演奏する人間のことは二の次。それで、故障を抱える人が少なくありません。

 

続きを読む