完全食と、現実主義

 ネットのwiredで、アメリカの「ソイレント」という合成食品のニュースを読みました。(→リンクこちら

 たった一つの食品で、すべての栄養をまかなうことを目指して配合された食品です。

■完全栄養食、ソイレント

 栄養食というと、大塚製薬のカロリーメイトを思い出す人が多いと思います。しかしカロリーメイトは脂肪が多く、タンパク質が少ない構成で、食物繊維もほとんど入っていません。これは、お菓子としてのおいしさを追求したためです。

 

 今回話題のソイレントは、カロリーやビタミン、ミネラル、その他多くの栄養素を完全に理想的に合成したもの。本当に、これだけを食べて生きていこうという食品です。

 元々は、貧乏な研究者が、食費を浮かせようとして考えたとのこと。必要な35種類の栄養分をそろえるだけなので、一ヶ月あたりの食費が50ドルになったといいます。

 ちなみに味は、WIREDの記者によると
「水で薄めたホットケーキ生地のような感触で、不快な味とは思わなかった。まずくはない」
 だそうです。

 

■食事は何のためにある?

 開発者は、食事には、二つの目的があると主張します。栄養摂取のための食事と、味やコミュニケーションを楽しむ食事の二種類。
 それは一方に限定する必要はなく、使い分ければ良いというのです。

 また、環境問題を考え、将来的にはこれを植物性の産物だけで作り上げるとも言います。

 ファストフードで欠かせない肉や乳製品は、実は多くの水と穀物を消費します。それをソイレントに置き換えれば、地球環境への影響も少なく、人口が増えても飢餓の可能性を減らせるとしています。

 

■現実的な方法論の提示

 もちろん、この食品を「食文化の破壊」と批判することはできるでしょう。それだけで本当に健康が保てるのかという問題もあります。

 すべての人が健康的な食生活に関心を持ち、お金と時間と手間をかけることが、理想的なのは確かです。しかし、それが現実的に難しいのは、身の回りを見れば、わかりますよね。

 難しいからこそ、ファストフードやジャンクフード、カロリー過多の食生活で、健康を害する人がでてくるわけで。

 人を変えるよりも、方法を変えるほうが簡単です。
 この完全栄養食は、現実主義から生まれた策だと言えます。少なくとも、コンビニ弁当やファストフードだけで暮らすよりは、よほど健康を害する人が減るはず。

 

■治療の世界でも同じ

 これは、私たちのような治療の世界でも同じ。

 腹八分に食べて、適度に運動して、姿勢や体の使い方に気を付ければ、健康を害する可能性は、かなり少なくなります。
 でも、それを世の中の人、全員に意識してもらうのは、無理ですよね?

 

 人によって時間をかけるべき点は異なりますし、健康に関しての知識や技術が不足しているなら、それを別の人間が補う、という方法は、あって良いはずです。
 個人的には、ソイレントはあって良い食品だと思います。 

 

 とりあえず、一回は食べてみたい。続けて食べるのは無理かもしれないけど。

お知らせ

義足のプロダンサー、大前光市さんのブログで紹介していただきました。

リンク⇒こちら

院長 池浦誠

1969年生まれ。
2003年に鍼灸師・マッサージ師の国家資格取得。
2005年に開業。同年関節リリース技法、TAM手技療法を発表。
2017年に技術指導DVD、「関節リリース5テクニック」を上梓、指導にあたっている。

八起堂連絡先

奈良市西大寺新池町3-10
電話 080-3112-8738
hakkidou.tam@gmail.com

こちらからの返信メールが、
迷惑メールフィルタに引っかかってしまうケースがあります。(特に、ケータイのメール)

一日待っても返信がない場合は、改めて電話でご連絡下さいますよう、お願い致します。

ブログ最新記事

2018年

10月

19日

居合…抜き付けの物理学

 居合道の、代表的な動きが「抜きつけ」。一瞬で刀を抜き、横なぎに前方へ切りつける動作です。

・抜き出す方向は、ほぼ前

前回、抜き付けで刀を左から大きく回して抜くのは、現実的でないという話をしました。

 ではどう抜くかというと、ほぼ前に向かって抜きます。
 刀は長軸方向へ引っ張られるので、モーメントは最小で済み、効率良く前方へ向かって加速されます。

 抜きの方向は鞘の形に沿うので、右手は次第に右へ向かいます。刀の重心(中央にあるとします)は慣性の法則に従って前に進み続けるので、柄が右へ向かうと右回りの回転を始めます。刀の切っ先は、前への運動と、右回転の運動をあわせて、高速度で前方に切り込んでゆきます。これが、抜き付けです。

続きを読む

2018年

10月

16日

マンガで身体をねじって抜刀する理由

マンガで見られる、身体をねじった抜刀の構えは、意図的なデフォルメで、実際には、まず使われません。

 抜き付けが遅くなるだけでなく、刀のコントロールがしにくくなるからです。

・モーメントが邪魔をする
 この抜き方では、刀を左側に大きく抜いて前方へ回す、大きな円のコースを描きますね。
 以前も書いたモーメントの問題で、円の半径が大きくなるほど、必要なモーメントは大きくなる…つまり加速が遅くなります。移動距離も長くなるので、相手への到達が遅れます。これは実戦では大きなデメリット。

 また、こうして加速された刀には大きなエネルギー(勢いと思ってください)があるので、相手に当たれば大きなダメージを与えることができます。しかし、狙いを外したときには一転、ピンチに。

 物体には慣性の法則(動いているものは動き続けようとする)が働くので、大きなエネルギーを持った刀は止めるのも、方向を変化させるのも難しくなるからです。

 そこで、実際の居合では、早く、コントロールしやすい方法で抜きます。その詳しい話は次回に回すとして…。

・ねじりの構図は、力強い
 では、なぜマンガの中でこうした構図が使われるのか。それは、力強い絵になるからです。
 人体表現は面白いもので、体幹部にねじりが入ると、急にイキイキとしてきます。ミケランジェロの多くの彫刻に、ねじりの構図が使われているのは有名ですし、ロダンの「考える人」なんて、無理に体幹をねじっています(右ひじが、左の膝にのってるんですよ!)。

 静止画で表現しなくてはならないマンガでは、こうした工夫が重ねられて、現在に至っているんだなあ、と感心します。

2018年

10月

15日

義足のプロダンサー、大前光市さんのブログで紹介していただきました

 大前光市さん。

 リオパラリンピックの閉会式や、去年のNHK紅白歌合戦、平井堅さんとの共演で、ご存知の方も多いと思います。
 八起堂治療院に来てくださるようになったのは、去年秋頃から。

 自分の身体感覚に真摯な方なので、施術するこちらも、その熱意に引っ張られるように深く集中します。おかげで、何度も施術をしているうちに私の方がレベルを引き上げていただいたと感じています。

 NHKの番組などでは、厳しい表情が取り上げられることが多いのですが、素顔は楽しい、話好きな方です。とくに、身体の使い方の話などになると熱が入ってきて、治療中でも立ち上がって実演してくださったり。
 最近、私がブログで身体の使い方について書いているのも、お話に触発されて考えることが増えたからなのでした。

 これからも、勉強させていただきたいと思っています。

大前さんのブログは こちら