2017年

1月

25日

腰痛は文明病

 腰痛は、人間に特有の症状。

 そのため
「腰痛は、二足歩行で腰に負担がかかるようになったからだ」
 と言われることがあります。

 本当にそうでしょうか? 

一日歩いても腰痛にならない人々

 以前、NHKの腰痛特集で、アフリカの狩猟採集民にインタビューしているのを見ました。

 毎日、数十キロを歩き足腰を酷使する生活。さぞや腰痛が多いだろうとインタビューしたところ、帰ってきた答えは
「腰痛って、なに?」
 でした。そもそも、腰痛の人がいなかったのです。

 

 なぜ、ずっと歩いていても、腰痛にならないのか。答えは筋肉の性質にあります。

人間は歩くように進化した

  筋肉はじっとしているのが苦手です。一つの姿勢でじっとしていると血管が圧迫され、血行不良を起こして痛み始めます。
 これが、肩こりや腰痛の原因。

 

 人間は進化の過程で、狩猟採集の生活に適応してきました。その基本は、長い距離を歩いて食べ物を探すことです。その習慣が、このような筋肉の性質を作り上げました。

 歩行などの軽い運動は、血行を改善してくれます。酸素や栄養分も十分に補給されるため、筋肉にとっては楽な状態なのです。 

 現代の私たちは、じっと立ったり、じっと座っていたりと、動かない生活をすることが多くなっています。

 腰痛は、じっと立っていたり、座っていたりしなくてはならない、私達の文化が生み出した文明病なのです。

 

八起堂治療院連絡先

奈良市西大寺新池町3-10

電話 080-3112-8738

hakkidou.tam@gmail.com

お知らせ

休業の連絡などは、ここで行います。

サイト内検索

ブログ最新記事

2017年

4月

11日

ねんざの痛みが長引く原因は

  八起堂治療院は、ねんざ後遺症の治療を得意としていますので、捻挫についての問い合わせをたびたび頂きます。

 

  その中でも多いのが、

 「ねんざのあと、何ヶ月たっても腫れが引かなくて、気がついたら関節の動きが悪くなっていたんです…」

  という、長引いたねんざの後遺症です。

 

続きを読む

2017年

3月

23日

原因不明の膝の痛み…足の歪みかも

 膝が痛むという方は、少なくありません。

 こんなとき、病院ではまず、膝軟骨の状態を見ます。軟骨がすり減っていれば、変形性膝関節症という診断がつきます。

 ところが、軟骨に変形がないのに痛みが出ることもあり、原因がわからないこともあります。そんなときは、膝や足の歪みが原因かもしれません。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

14日

ピアノを弾いて、親指が痛むとき

 仕事柄、音楽関係の方を診ることも多いです。

 楽器の設計では、美しい音を出すことが最優先で、演奏する人間のことは二の次。それで、故障を抱える人が少なくありません。

 

続きを読む