ウチの子供も固くなってきたなあ

 先日、小学生の娘の身体が固くなってきたのではないかと妻に言われ、治療しました。大きくなって身体がしっかりした分、固さも増えたように見えます。

 幼いころはむやみに柔らかく、くてっとしていたのを思い出しました。
 あんなに小さかったのに、いつのまにやら、大きくなったものです…。

 …感慨にふけっている場合ではないですね。

 2月くらいにも書きましたが、関節の癒着は、動きの少ないところで起こります。その機能は、大人でも子供でも変わらないはず。

 使わない機能が退化するという法則に従えば、大きく身体を動かす機会が多いほどに、柔らかさは持続できるはずです。確かに、身体の柔らかい子供は、むやみやたらに動いているものです。
 しかし、大人は合理的な生き物。無駄な動きや、不合理な動きをするのがイヤになってきます。ラジオ体操を一日に一回行うだけでも、身体の癒着はかなり防ぐことができます。

 TAM手技療法による治療は、患者さんの身体をいろいろな方向、角度で動かすことで、癒着をとる方法。運動を代わりにやっていると言って良いでしょう。 

 そうそう。娘も小さいころ、むやみに走り回ったり、よくわからない踊りをニコニコしながら踊っていたり、動き続けていたものでした。
 あんなに小さかったのに、いつのまにやら、大きくなったものです…。

 …あ、つい…。

八起堂治療院連絡先

奈良市西大寺新池町3-10

電話 080-3112-8738

hakkidou.tam@gmail.com

こちらからの返信メールが、
迷惑メールフィルタに引っかかってしまうケースがあります。(特に、ケータイのメール)

一日待っても返信がない場合は、改めて電話でご連絡下さいますよう、お願い致します。

お知らせ

休業の連絡などは、ここで行います。

サイト内検索

ブログ最新記事

2017年

5月

29日

仏様は、前のめり…姿勢と重心の関係

 今、奈良の国立博物館で「快慶展」をやっています。

 奈良には国宝・重文級の仏像がゴロゴロしていますが、その中で一番好きなのを選べと言われたら、迷わず東大寺南大門の金剛力士像を選びます。この像を作った中心人物の1人が快慶です。 

 快慶の特徴は、写実とデフォルメの融合した迫力。

 今回の快慶展では、様々なバリエーションの像を比べることが出来て、興味深いものでした。

 ある高僧をモデルにした像など、顔のシワから口元の微妙な歪みまで、モデルの性格がはっきりわかるほどの描写力。いかに観察力に優れた仏師だったかがわかりました。 

 いくつもの像を見ているときに、妻が言いました。
「仏様って、前のめりだね」
 なるほど、横から見ると直立していません。角度にして10度くらい、前に傾いて立っています。

 

続きを読む

2017年

4月

11日

ねんざの痛みが長引く原因は

  八起堂治療院は、ねんざ後遺症の治療を得意としていますので、捻挫についての問い合わせをたびたび頂きます。

 

  その中でも多いのが、

 「ねんざのあと、何ヶ月たっても腫れが引かなくて、気がついたら関節の動きが悪くなっていたんです…」

  という、長引いたねんざの後遺症です。

 

続きを読む

2017年

3月

23日

原因不明の膝の痛み…足の歪みかも

 膝が痛むという方は、少なくありません。

 こんなとき、病院ではまず、膝軟骨の状態を見ます。軟骨がすり減っていれば、変形性膝関節症という診断がつきます。

 ところが、軟骨に変形がないのに痛みが出ることもあり、原因がわからないこともあります。そんなときは、膝や足の歪みが原因かもしれません。

 

続きを読む 0 コメント