足が歪んでいると、膝もねじれる

 八起堂は足の治療を受けに来る患者さんが多い治療院です。たいていの場合は、足首の歪みがあるので、それを解消する治療を行います。

 そうしてたくさんの患者さんを見ていて気が付くのが、膝関節がねじれている人が多いこと。

■膝ねじれの原因は?

 多くの場合は、足の歪みと連動しているようです。

 足関節を傷めたときには、内くるぶしの周辺で組織の癒着が起きることが多いのです。すると、つま先を伸ばした時に、足先が内側に入ってしまいます(カマ足)。

 蹴りだしの位置が内側に移動するので、膝関節は外に向かってねじれることになるかと推測されます。

 足関節を治す際には、セットで膝を調整する必要があります。

 

 治療はTAMです。靭帯の癒着をとって、治療を行います。靭帯が何層かになっているらしく、数回の治療を必要とすることが多いです。

 膝の重さや痛みがとれるというのが、患者さんの感想。

 

■バレエのレッスンに、もの申したい

 特殊な例として、バレエダンサーの膝故障について。
 バレエの場合は、レッスンが原因で膝を故障している人が、少なくありません。

 バレエで多用される、つま先を外に向ける動作。正しくは股関節を外にねじって、つま先を外に向けるのですが、動作の完成を急ぐあまり、膝から下を外に向けてねじってしまうことが多いのです。
 もちろん、膝には大きな負担がかかります。

 バレエダンサーのひざ故障の、半分以上はこのねじりが原因です。何年も故障を繰り返しながら練習しているので、重症化していることも多いです。

 正しく外旋する習慣をつければ、確実に防げる傷害なのですが、発表会やコンクールを急いでしまう教室が多く、見逃されがち。

 親御さんには、こうしたレッスンをしっかりしてくれる教室を選んでいただきたいと思います。

八起堂治療院連絡先

奈良市西大寺新池町3-10

電話 080-3112-8738

hakkidou.tam@gmail.com

お知らせ

休業の連絡などは、ここで行います。

サイト内検索

ブログ最新記事

2017年

4月

11日

ねんざの痛みが長引く原因は

  八起堂治療院は、ねんざ後遺症の治療を得意としていますので、捻挫についての問い合わせをたびたび頂きます。

 

  その中でも多いのが、

 「ねんざのあと、何ヶ月たっても腫れが引かなくて、気がついたら関節の動きが悪くなっていたんです…」

  という、長引いたねんざの後遺症です。

 

続きを読む

2017年

3月

23日

原因不明の膝の痛み…足の歪みかも

 膝が痛むという方は、少なくありません。

 こんなとき、病院ではまず、膝軟骨の状態を見ます。軟骨がすり減っていれば、変形性膝関節症という診断がつきます。

 ところが、軟骨に変形がないのに痛みが出ることもあり、原因がわからないこともあります。そんなときは、膝や足の歪みが原因かもしれません。

 

続きを読む 0 コメント

2017年

2月

14日

ピアノを弾いて、親指が痛むとき

 仕事柄、音楽関係の方を診ることも多いです。

 楽器の設計では、美しい音を出すことが最優先で、演奏する人間のことは二の次。それで、故障を抱える人が少なくありません。

 

続きを読む